カーラ・デルヴィーニュもセクハラ被害を告白  ワインスタイン擁護のリンジー・ローハンには非難殺到!

2017/10/13 14:46 Techinsight

カーラ・デルヴィーニュ(左)もハーヴェイ・ワインスタイン(中央)のセクハラ被害に! 味方はリンジー・ローハン(右)のみ? カーラ・デルヴィーニュ(左)もハーヴェイ・ワインスタイン(中央)のセクハラ被害に! 味方はリンジー・ローハン(右)のみ?

映画界の大物プロデューサーとして名を馳せ、多くの人気役者を起用し映画をヒットさせてきたハーヴェイ・ワインスタイン。しかしその一方で「映画女優として成功したい」と必死な女優達にセクハラ行為を繰り返し、アンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトロウも彼による被害を受けかけたと告白済みだ。そんな中、モデルから念願の映画界進出を果たし大成功したカーラ・デルヴィーニュが「私も被害を受けた」と告白。そのあまりにも生々しいセクハラの実態を明かした。

「ハーヴェイ・ワインスタインから、セクハラ被害を受けた!」

複数の女優がそのように告白するなか、カーラ・デルヴィーニュがYashar Aliなる記者にあて声明文を送付し、そこにこう記している。

「女優として働き始めてある映画に出演中のこと、ワインスタインから電話があったのです。これまで私が一緒に外出する姿を報じられた女友達のだれかと『寝たことはあるのか?』そう聞かれました。」
「すごく奇妙で気まずい電話でした。そういう質問には一切答えず、急いで電話を切り上げたのです。でも電話を切る前に、彼はこう言いました。もし私が同性愛者で公の場に女性と一緒に出掛けたりしたら、ストレートの女性の役は貰えないし『ハリウッドでの成功はない』とね。」

それから1年か2年が経った後、カーラは映画の役について話すためホテルでワインスタインと対面。そこでワインスタインは自分の部屋にカーラを招待したという。断ろうとするカーラをワインスタインのアシスタントが「ぜひ」と誘い、渋々部屋に行くと…? 

「別の女性が彼の部屋にいたので、てっきり安全だと思ったのです。でも彼は私達に『キスして』と言い出しました。すると彼女の方が彼の指示に従い迫ってきました。なので私はさっと立ち上がり、『私は歌も歌えるの』とワインスタインに伝えたのです。」

そして注意をそらせた後に退室しようとしたものの、ワインスタインはカーラをドアまで送りそこで唇にキスしようとしたという。そのせいで映画出演そのものに罪悪感を抱いたカーラは、「ワインスタインの家族を傷つけたくない」との思いから、この出来事を明かせずにいたそうだ。

さてそんな中、唯一ワインスタインを擁護しているのがリンジー・ローハンだ。このほど彼女は突如インスタグラムに動画をアップ。アメリカ人であるにもかかわらずアイルランド訛りにも聞こえる英語で「ワインスタインさんが気の毒よ」「奥さんは彼に寄り添ってあげるべき」とコメント、さらにこう話している。

「ワインスタインさんに嫌なことをされたなんて一度もない。何本か映画の仕事でご一緒したことがあるわ。もうみんな、こんなことは止めなきゃ。正しいことじゃないと思う。」

この動画はすでに削除済みだが、時すでに遅し。業界内外からリンジーに対する批判の声が多数あがっていることは言うまでもない。ちなみにワインスタインはすでに自身の名を持つ会社からも解雇されており、今後については「セックス依存症から立ち直るべくリハビリ施設に入所する」との報道もある。しかしここまで醜聞が広まっては、将来は暗い、もしくは相当困難なものになると想像できる。彼の妻は複数の女優が被害を明かした時点で「別れることにした」と発表し、「被害者の気持ちを思うと胸が痛む」と心境を明かしている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ