【セミロング〜ロング向け】簡単なものから上級者向けまで!お呼ばれヘアアレンジ3選

2017/10/12 18:00 美容マガジン myreco(マイリコ)

結婚式やパーディーでのヘアアレンジって、普段するアレンジと違って難しいイメージがありますよね。 出来れば美容院でしてもらわなくても自分で出来ると準備の時間が短く済みますよね! そこで、お呼ばれにぴったりのアレンジを3つご紹介します♡

難しい編み込みも動画でわかりやすくチェック☆



1.髪を上下で分ける


髪を上下に分けて上半分くらいをダッカールでとめておきます。

人によって髪の量が違うので、分ける場所も変わります。

ハチ(頭頂部とサイドの間の出っ張っている部分)から後ろまで丸く円を描くようにとることを基準に、量を調節してみてください。


2.サイドを裏編み込みする


下に残っている髪を左右で分け、片側の髪を裏編み込みします。

どちらでもやりやすいほうからで大丈夫ですよ♪

編み込みと裏編み込みの違いは、編み込みは表面が比較的平らになるのに比べて、裏編み込みは三つ編みのように立体的になります。

編んでいることが目立ちやすく、手の込んだアレンジに見えますよ!


3.編み込みをほぐす


こなれ感を出すために、編み目の端をほぐします。

ここでは、毛束を細くとって細かくほぐしてください。


4.編み込みをまとめてとめる

毛先から編み込んだ毛の毛先を隠すようにくるくるとまとめます。

頭のほうまできたら、丸い形になるようにピンでとめておきます。


5.反対側も2~4を繰り返す


6.とめていた上の髪をくるりんぱする


くるりんぱは、髪を結んで結び目の上に穴を開け、毛束を通す方法です。

最初にきつく結ばず、緩めに結ぶとくるりんぱしやすいです。


7.毛先を三つ編みする


くるりんぱした毛先を三つ編みします。

毛先は軽く結んでおきます。

ここは後ほどボリュームが出るように緩く編んでください。


8.三つ編みをほぐす


三つ編みを横に広げるようにほぐしていきます。

全体的に大胆に毛束を出してほぐしましょう♪


9.三つ編みをまとめてとめる


4でやったのと同じようなイメージで、毛先を隠すようにくるくるとまとめます。

三つ編みを活かして花びらのように形を作ると綺麗にできます♡


これで編み込みアレンジの完成です!


シニヨンも手間を少なく簡単に♪


出典:石川 結里加 @yurika_agora



1.髪の上半分を斜めに分ける


ハチの辺りから斜めに髪の毛を上下に分けます。

左でまとめ髪を作るなら左に毛束がくるように、右で作るなら右に毛束がくるようにしてください。


2.上の毛をくるりんぱする


上の毛をしっかりとサイドに持ってきてからゆるく結んで、くるりんぱします。

くるりんぱした部分をほぐしておくとボリュームが出ますよ!


3.下に残った毛を左右で半分に分ける


4.分けた髪のサイドのほうが上になるようにロープ編みする


くるりんぱしたのと遠い側の毛束が上にくるようにロープ編みします。

ロープ編みは毛束をねじるだけの簡単な編み方ですよ!


5.ロープ編みした毛先をとめる


くるりんぱした部分の下にもってきて、毛先をピンでとめます。

髪の量に応じて何本か使ってしっかりとめましょう。


6.全体のバランスを見てボリュームを出す


前からだけでなく、後ろや横から見てきっちりしすぎないように毛束を引き出してボリュームを出します。

簡単なアレンジなので、ボリュームを出したほうが手が込んで見えますよ☆

お好みで顔周りの後れ毛を出すとオシャレ感が増します。


これでサイドシニヨンの完成です!


簡単ハーフアップでも大人可愛く♡


出典:あさみ @a_34640813


1.ハーフアップしてくるりんぱする


ハチ上の毛束をとりましょう。

この時、よりスッキリさせたいならハーフアップの毛束を多めにしっかりとりましょう。


2.くるりんぱをほぐす


くるりんぱした部分をほぐしつつ、頭頂部にもボリュームが出るように毛束を引き出しましょう。


3.下に残った髪は巻く


下ろしている髪は巻いて、全体的にふわっとした印象に見せます。

巻き方はお好みで大丈夫ですよ!


これで簡単ハーフアップの完成です!



お呼ばれヘアアレンジを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どのアレンジも、ヘアピンやヘアバトンなどのアクセサリーをつけるとよりゴージャスに、だけど上品に可愛く見せることができますよ♡

是非試してみてくださいね!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ