中華包丁でマッサージする「刀療」って知ってる?

2017/9/11 19:01 ネタりかコンテンツ部

 

マレーシア・ペナン島に行ったとき、世にも奇妙な光景を目の当たりにした。

 

ペナン島は面積でいうと淡路島の半分ほどでそれほど大きくないが、152万人以上が住む活気ある島だ。

島の中心部ジョージタウンはイギリスの植民地だったことから、いたるところに英国風建造物が建っていて、世界遺産にも登録されている。

 

 

 

朝市が開かれていた。

屋台20軒ほどのこぢんまりとした朝市で、地元のおばちゃんが手作りパイやお古の洋服を売ってたりするフリーマーケットみたいなもの。

ミロの空き缶をドラムセットに見立てたバンドもいた。

 

 

私が言う、世にも奇妙な光景とはドラム缶バンドのことではない。

 

これだ。路上マッサージだ。

 

屋台の裏でひっそりおこなわれている路上マッサージ。

アジアではけっこうよく見かける光景なのだが……

 

 

包丁でブッ叩いてるのだ!

豚肉をミンチにするかのごとく、高速度で包丁を乱打している。

 

 

刀療と言う包丁で叩くマッサージなんだとか。

お値段は10分10リンギット(260円くらい)

台湾発祥のマッサージで、細い刃が身体のコリを逃さずほぐしてくれるらしい。

特殊な削り方をした包丁なので、刃先は切れない仕様だからご安心を。

 

 

首元に突きつけられた2本の中華包丁。

何の事情も知らなかったらギョッとする光景だ。

 

頭から背中にかけて上半身をまんべんなくほぐしてくれる。

実際やられてみると、これがかなり効くようだ。

マッサージ機の一番強い叩きよりも、さらにもうワンランク強烈だ。20分のマッサージで充分ほぐされた。

 

 

横で犬もマッサージを受けていた。人間よりもすごく優しい叩き方。

気持ちがいいのだろうか、犬は大人しく逃げもせずお座りしている。

かわいい飼い犬に包丁を突きつけられて不安なのだろうか、かたわらに控える飼い主の表情は真剣そのものだった。

 

 

◎文:松澤茂信(Twitter)観光会社「別視点」の代表。「東京別視点ガイド」(外部サイト)を書いてます。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント10

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ