内幕はドタバタ!? 24時間テレビ「高視聴率の裏側」

2017/9/9 18:00 日刊大衆

内幕はドタバタ!? 24時間テレビ「高視聴率の裏側」 内幕はドタバタ!? 24時間テレビ「高視聴率の裏側」

 毎年恒例の一大イベント! 話題の“マラソンオファー”から気になる懐事情まで、ドタバタ内幕を暴く!

当日発表の24時間テレビのランナーはブルゾンちえみだったが…

 平均18.6%と、番組歴代2位タイとなる高視聴率を記録した『24時間テレビ』(日本テレビ系)。「マラソンランナーは史上初の当日発表となり、番組放送前から“誰が走るのか”が大いに話題に。期待感からオープニングの視聴率は25.9%にまでハネ上がりました」(テレビ誌記者)

 そんな中、ランナーに抜擢されたのは、お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)。「彼女が武道館にゴールする直前には、40.5%の瞬間最高視聴率を叩き出しました。これは、サッカーW杯の日本代表戦並みの視聴率です」(民放他局関係者)

日本テレビは当初、市川海老蔵にオファー

 まさに日テレの狙い通りの展開。だが、そのウラには、思い通りとはいかない事情があったようだ。「実は当初、日テレはランナーとして市川海老蔵(39)にオファーしていたんです。その頃はまだ、妻の麻央さん(享年34)が存命で、“闘病中の麻央のために走る”というスタンスは、番組のテーマにうってつけでした。ところが、麻央さんが亡くなったことで、海老蔵に断られてしまいます。日テレは、麻央さんの姉、小林麻耶(38)に白羽の矢を立てますが、そちらも断られるんです」(日テレの下請け制作会社プロデューサー)

ジャニーズの亀梨和也に走らせたい意向も…

 そこからは揉めに揉め、候補者は決まらずじまい。「それならメインパーソナリティの一人である亀梨和也(31)に走らせたいという意向はあったものの、ファンが殺到してパニックになりかねないと、警備面からNGに。こうしたゴタゴタを隠すための苦肉の策が“当日発表”でした」(前同)

りゅうちぇるやアンジャッシュの渡部建をダミーにするなど、情報統制

 情報統制も完璧だった。「局内では徹底的な緘口令が敷かれ、日テレの社長も誰が走るのか知らなかったといわれるほど。取材する報道陣と日テレの広報や宣伝との間で、一悶着あったようです」(同)

 さらに、こんな漏洩対策まで講じていたという。「ランナー候補のアンジャッシュの渡部建(44)、りゅうちぇる(21)には、ギャラを支払ってトレーニングさせていたそうです。目撃した人は、“もしや、24時間マラソンのため?”と思うでしょう。それが噂になれば、しめたもの。2人はダミー、つまり当て馬だったんです」(日テレ関係者)

 他の候補者にもトレーニングが課せられた。「ゴール直後、『行列のできる法律相談所』(日テレ系)に生出演したブルゾンは当初、“ランナーは私かな”と思っていたところ、ANZEN漫才のみやぞん(32)やサンシャイン池崎(35)から“3日に一度は練習している”と聞き、“うわ、皆、一緒なんだと思った”と心境を明かしました」(前出のテレビ誌記者)

 そのブルゾンが、ランナー決定を知ったのはスタートのわずか1時間前。「いつもより準備期間が短く、炎天下という条件から、体力面を考えて誰もが男性がランナーに選ばれると想像していたはず。ただ考えてみると、ブルゾンは学生時代に陸上の長距離選手でした。適任だったと思います」(芸能レポーターの川内天子氏)

 一方、前出のプロデューサーは、こう語る。「ブルゾンの所属事務所、ナベプロのゴリ押しですよ。他の番組でも、かなりネジ込んできますから、面倒なんです。7月末には決定し、本人には一切知らせていませんが、事務所側はもちろん了承済みでした」

 適任だろうがゴリ押しだろうが、結果オーライ。「苦肉の策がこれほどの盛り上がりを見せたんですから、2~3年はチャリティーランナーの当日発表が続きそう」(前出の川内氏)

 ただ、一つだけ喜べないのが募金総額。「チャリティー募金こそが『24時間テレビ』の大義名分ですが、今年の募金総額は中間発表で約1億2902万円。昨年より1億円以上も少なかったんです」(前出の民放他局関係者)

NHKやフジテレビの裏番組の影響も!

 過去10年のうち、募金額が2億円を下回ったのは今回だけだという。「募金額が視聴率と真逆になったのは、システム障害が発生し、3時間にわたって募金の受付ができなくなったからだといわれていますが、NHKの裏番組の影響もあるでしょう」(前同)

『24時間テレビ』の今年のテーマ「告白~勇気を出して伝えよう~」に対し、NHK Eテレで放送された『バリバラ』のテーマは「告白! あなたの夢はなんですか?」。「『バリバラ』では“24時間潰し”とも取れる露骨な番組作りでした」(日テレ関係者)

松本人志も24時間テレビ出演の宮迫博之を皮肉り…

 さらに、裏番組の『ワイドナショー』(フジテレビ系)からも猛攻撃が。「松本人志(53)が、週刊誌で不倫報道された宮迫博之(47)に“(24時間テレビに)どの面下げて、出ているんだろうか。勇気を持って(不倫の真実を)伝えてないもんね”と、皮肉りました」(芸能記者)

 とはいえ、日テレには『24時間テレビ』を絶対にやめられない事情がある。「高視聴率ゆえCM料は通常時の1.5倍。にもかかわらず、スポンサーが入りにくい深夜枠でもバンバン入る。メインパーソナリティは1人500~1000万円といわれる高額ギャラも話題ですが、それでも十分儲かります」(前同)

 “愛は地球を救う”以上に、『24時間テレビ』は日テレを救っているようで……。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント158

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ