キャサリン妃第3子妊娠 ロイヤルベビーの性別と名前が早くも賭けの対象に

2017/9/4 23:26 Techinsight

新しく加わるロイヤルベビーはどんな名前に?(画像は『Kensington Palace 2017年6月18日付Twitter「The Queen and members of The Royal Family gather on the balcony of Buckingham Palace to watch the Royal Air Force Red Arrow display.』のスクリーンショット) 新しく加わるロイヤルベビーはどんな名前に?(画像は『Kensington Palace 2017年6月18日付Twitter「The Queen and members of The Royal Family gather on the balcony of Buckingham Palace to watch the Royal Air Force Red Arrow display.』のスクリーンショット)

英王室キャサリン妃に第3子妊娠というニュースが速報で伝えられ、王室ファンを歓喜させている中、早くも生まれてくる子供の性別や名前についての推測が始まっていることが英メディア『Metro』で伝えられた。

賭博サイト「Oddschecker(オッズチェッカー)」では、ブックメーカー(賭け屋)各社によって新しく王室メンバーの一員となるロイヤルベビーの性別や名前が賭けの対象となっていることが明らかとなった。

ウィリアム王子とキャサリン妃は、2人の子供にジョージとシャーロットという名前を付けていることから、「第3子にも恐らく古風な名前を付けるのでは」と予想されている。賭博サイトによると、もし第3子が女児であればヴィクトリア女王の娘の1人と同じ、さらにはエディンバラ公の母親の名前でもある「アリス」という名前が、現時点ではトップの賭け率となっている。

その他にも歴代女王「ヴィクトリア」、エリザベス女王のミドルネームでもある「アレクサンドラ」と「メアリー」、ジョージ2世と3世の娘の1人と同じ名前「アメリア」も推測に上がっている。なお「アメリア」という名前は2011年以降、イングランドとウェールズで最も人気のある女児の名前としても知られている。またシャーロット王女のミドルネームに付けられている「エリザベス」も可能性がないわけではなく、さらにはウィリアム王子とヘンリー王子の母の名「ダイアナ」やキャサリン妃の母方の祖母の名前「ドロシー」なども可能性としては無きにしも非ず、といったところのようだ。

一方で男児ならば、チャールズ皇太子とウィリアム王子のミドルネームでもあり、歴代の英国君主「アーサー王」と同じく「アーサー」が有力ではないかということで、同サイトでは男児の名前のトップに上がっている。また歴史的な王室メンバーの名前として「ジェイムズ」や、ウィリアム王子の祖父であるエディンバラ公の名前「フィリップ」もあり得ると考えられている。

ジョージ王子には「アレクサンダー」「ルイス」、シャーロット王女には「エリザベス」「ダイアナ」とそれぞれ2つのミドルネームがあり、新しく生まれてくる第3子にも兄と姉に倣って2つのミドルネームがつけられるのではと世間の関心が高い。

まだ生まれてもいないロイヤルベビーに早くも話題殺到だが、王室ファンだけでなくこのような明るいニュースを世間の人々が待ち望んでいたともいえるのではないだろうか。

画像は『Kensington Palace 2017年6月18日付Twitter「The Queen and members of The Royal Family gather on the balcony of Buckingham Palace to watch the Royal Air Force Red Arrow display.』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ