「ハイチュウの日」なのでハイチュウを26種類食べた

2017/8/12 19:01 ネタりかコンテンツ部

8月12日。本日は何の日か、皆さんご存じでしょうか?

そうです。“ハイチュウの日”ですね。

筆者は幼いころからハイチュウが大好きなので、ハイチュウの日を迎えるにあたって、「たくさん食べたい!」と森永製菓さんに連絡したところ、食べさせてもらえることになりました。せっかくなので味のレビューをしたいと思います。

あなたは何種類食べたことがありますか?

 

■ハイチュウに詳しい人

 

加藤さん

森永製菓株式会社 ハイチュウ担当。

ハイチュウをこよなく愛しており、いつも仕事でハイチュウを大量に食べているのにプライベートでも食べている。

 

以下、加藤さんからお聞きした情報などを踏まえつつ、筆者が実際に食べてみた味の感じを紹介していきます。

 

■定番ハイチュウ&季節のハイチュウ

ハイチュウ御三家(グリーンアップル・ストロベリー・グレープ)を中心とするコンビニ・スーパーの定番商品。最近レギュラー化したすッパイチュウや季節ごとに変わるハイチュウなどもある。

 

1.ハイチュウ グリーンアップル

 

はじめはクリーミーな青りんご味だが、何回か噛むとすりおろしたりんごの味に変化。途中で味が変わるため連食しても飽きない。今年「すりおろしりんご果汁使用」にリニューアルした。

 

2.ハイチュウ ストロベリー

 

口内で味が拡散し飲み込むころには「あぁストロベリー最高だな」と改めて確かめられる。2015年に「つぶつぶいちごいり」へリニューアル。本物のいちごのような甘酸っぱさを再現。

 

3.ハイチュウ グレープ

 

上記2種類に比べると、控えめな甘さでグレープ味を長くゆったり味わえる。後味が残る時間も長い。良い意味でお菓子っぽさが薄いため、幅広い年代が好みそう。

 

4.すッパイチュウ うますっぱいレモン味

 

中に入ったざらざらとした食感が面白く、そして酸っぱい。前半は甘めなレモン味だが、噛めば噛むほど酸っぱくなり噛めば噛むほど抜け出せなくなる。

 

5.旬を味わうハイチュウ 岡山県産清水白桃味

 

お菓子によくある“モモ風味”ではなく、桃をダイレクトで食べたような味。この味わいはソフトキャンディとして、一つの到達点だと言える。

 

加藤さんのコメント個人的にうますっぱいレモンが好きなんです。よくこんな味を作れたなって自画自賛しちゃってます。

 

■アソート型

パーティーなどで重宝されるアソート(取り揃え)型ハイチュウ。これを所持している集団は、所持していない集団と比較して幸福度が高い傾向にある。

 

6.ハイチュウアソート

 

定番3種に加え、期間限定で佐藤錦(さくらんぼ)味が入っている。佐藤錦は味が軽くて、いくらでも食べられそう。旅行時にこれがあると幸せな気持ちになれる。

 

7.すッパイチュウアソート

 

うますっぱいレモンに加え、ピンクグレープフルーツ・パイン・梅が入っている。それぞれ酸っぱさが充実しているので「スッパー!」ってなりたい人に最適。筆者は梅味の大人っぽい酸味が好き。

 

8.ハイチュウ ソーダ&コーラ

 

果物の味わいを大切にするハイチュウにおいて異色。含有されたラムネがアクセントとなっており、ソーダとコーラの喉ごしを丁寧に再現。

 

加藤さんのコメントアソート型のハイチュウは、みんなで食べるものなので、なるべく好き嫌いの分かれない味を採用しています。

 

■新概念のハイチュウ

既存の枠にとらわれない、新しいスタイルのハイチュウ。どれもハイチュウの良さを残しつつ新しいカタチへ進化。

 

9.ハイチュウプレミアム 赤ぶどう味(カベルネ)

 

モチのような食感とほのかなぶどう味がおいしい。一袋の量が少し物足りず、高級なレストランで食事したときのような「もう少し食べたい欲求」をかき立てる。

 

10.ハイチュウプレミアム 白ぶどう味(シャルドネ)

 

赤ぶどうに比べると爽やかでオシャレな味。硬すぎず、軟らかすぎない驚異的な噛みごたえも心地良い。

 

11.ハイチュウプレミアム ヨーグルト味

 

ミルキーな味で噛めば噛むほど右肩上がりで甘味が増していく。試食してたら、2分くらいでなくなった。根強い人気。

 

加藤さんのコメント「一袋の量」についての提言は、いちユーザさんの意見として丁重に受け止めます。

 

12.ハイチュウミニ(ホワイトソーダ入り)

 

ぶどう・もも・青りんご・ホワイトソーダの小粒なハイチュウがたくさん。ホワイトソーダと別の味を組み合わせて味を変化させられるので、キャッキャしながら食べられる。お得感あり。

 

13.チョコ玉ハイチュウ ストロベリー味

 

チョコボールのようにハイチュウを包んだ意欲作。チョコの強い甘さが先行するも、途中でストロベリーハイチュウがセーブ。筆者は甘いチョコが苦手だが食べやすかった。

 

14.チョコ玉ハイチュウ バナナ味

 

ストロベリーと違い、噛んだ瞬間にバナナが広がる。チョコとバナナが交互に競いながら甘さを引っ張る。かなりの甘味なので、苦手な方は注意。

 

15.チョコ玉ハイチュウ メロン味

 

メロン味が顔を出したかと思ったら、すぐ見えなくなる引っ込み思案な味。飲み込む直前で、また顔を出すのが可愛い。

 

加藤さんのコメントハイチュウミニは、プライベートでも食べるくらい好き。お友達やご家族と楽しみながら食べてもらえると嬉しいです。

 

■ご当地ハイチュウ

各地の名産である果物を用いたハイチュウ。お土産として買うのにもってこい。

 

16.旅するハイチュウ 夕張メロン味

 

夕張メロン味というと主張が強いイメージあるも、この味については適度な距離感を保っている。大きな声を出しているが、すこし遠くにいる味。

 

17.旅するハイチュウ 東北りんご

 

グリーンアップルと比較して酸味がはっきりした味。全体的に落ち着いた味わいなので、大人でも食べやすい。

 

18.旅するハイチュウ さくらんぼ味(東北)

 

さくらんぼの果汁が強く、ストレートに甘い。女性や子どもに好まれそうな味。

 

19.旅するハイチュウ 信州りんご味

 

東北りんごより甘味が強い。どちらも紛うことなくりんご味だが違いに驚き。もし機会があれば食べ比べしてほしい。

 

20.旅するハイチュウ 瀬戸内レモン味

 

さいきんよく見る瀬戸内レモン。酸味は感じるが、サッパリしている。うますっぱいレモン並の酸っぱさはいらないという方に。

 

21.旅するハイチュウ 九州あまおう苺

 

一拍置いてうまさが広がる。筆者はいちご味ではなく“ストロベリー味”と感じた。外国人が好みそうなエッジの効いた味。

 

22.旅するハイチュウ 九州デコポン味

 

単刀直入にいって、うまい。その昔、期間限定であった温州みかん味を彷彿とさせる。みかんとハイチュウってこんなに相性いいのか。

 

23.旅するハイチュウ 沖縄シークヮーサー味

 

一線を画した苦味が特徴。男性が好みそうな味といった感じ。しっかり苦いので、お子さんには向かない可能性も。

 

24.旅するハイチュウ 沖縄パイナップル味

 

一口目からすごいパイナップル。味の再現度は高いが甘さが際立っているので食べやすい。

 

25.旅するハイチュウ 沖縄マンゴー味

 

マンゴーを直に食べているような味なのでマンゴー好きにとっては大好きな味だと言える。

 

26.富士山ハイチュウ

 

山梨ももと静岡みかん味。富士山は訪日外国人が多いのでもっと濃い味かと思っていたが、想定よりアッサリだった。世界中の人が食べられそうな味。

 

加藤さんのコメント「ご当地土産」は今すごく盛り上がっているので、今後もいろいろな地域の味を検討していきたいです。

 

まとめ

▲お土産で全部もらいました。森永製菓さんありがとうございました。

 

以上、国内で販売されている全26種類のハイチュウを紹介しましたが、気になる味はあったでしょうか? 一部の商品は期間限定ものもあるので、ご注意ください。

個人的には、「ハイチュウミニ ホワイトソーダ」「ハイチュウプレミアム ヨーグルト味」を家に常備したいと思います。一つ一つ包装されていないのでゴミも出ず、何かをしながら食べやすいので。

あなたはどの味が気になりましたか? コメント欄で教えてください。

 

おまけ

ハイチュウ御三家の味を確かめました。

 

 

(文:ツベルクリン良平、取材協力:森永製菓株式会社)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント22

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ