ビールの美味しい日が天気予報でわかる?「ビール指数」ってなんだ

2017/8/11 11:31 ネタりかコンテンツ部

先日、天気予報のサイトを見ていたら、ビール指数なるものを発見しました。

 

 

このビール指数なるもの、「ビールが飲みたくなる」度合いを、数字で表しているそうです。「暑いから飲みたい」気持ちをデータで見られるなんて、なかなかおもしろい取り組みですね。

そこで、「ビール指数」の提供元である日本気象協会さんを訪ね、「いつからこの指数を提供するようになったのか」を気象予報士の安野加寿子さんに聞きました。

 

▲気象予報士の安野加寿子さん

 

「ビールが飲みたくなる」度合いをアイコンとコメントで表示

── 「ビール指数」とは、どんなものなのでしょうか?

ビール指数は、「ビールが飲みたくなる」度合いを、天気と気温、湿度の3つの要素から計算したものです。

気温や湿度が高くて、晴れて日差しの強い日にビールをより飲みたくなると仮定し、当社で培ってきたデータに基づき、0〜100の数字にしています。数字が大きくなるほど、ビールが飲みたくなるというわけです。

 

▲7月25日の東京のビール指数は80、「ビール日和、冷やすの忘れずに」というコメント

 

── この「ビール指数」はいつから提供されているのですか?

2000年代前半から提供を開始しています。

ビール指数だけでなく、現在当社では合計24の指数を提供しており、通年提供している「洗濯」「お出かけ」「星空」などの指数や、夏限定の「ビール」「アイス」「汗かき」などの指数を「tenki.jp」(外部サイト)でご覧いただくことができます。

他社さんからも洗濯指数などは提供されていますが、現在、「tenki.jp」で提供している指数は、当社が過去に蓄積してきたデータにより開発した計算方法やロジックに基づく独自の指数です。

 

▲日本気象協会が提供している指数の一例(ウェブサイト「tenki.jp」より)

 

── 何をきっかけにこれらの指数の提供を始めたのでしょうか?

1992年に、洗濯指数の提供を始めました。

当社には、過去に蓄積してきたさまざまな情報がありますから、それを組み合わせることで、天気予報だけでなくより生活に身近な情報をご提供できるのではないかと開発したのが洗濯指数です。

それらをテレビ・ラジオ番組などの天気予報を通じて提供し始めたところ、思っていた以上にニーズがあったり、手応えを感じたりしたため、もっと他の指数も開発していこうという流れになったのです。

 

最新の天気予報に合わせてビール指数は1日5回も更新!

── どのくらいの頻度でビール指数を更新しているのですか?

毎日、5時、6時、12時、16時、18時の5回です。

「tenki.jp」では、2時間おきに天気予報を更新しているのですが、その都度、最新の天気、気温、湿度をもとに計算し直し、より精度の高い指数がご提供できるようにしています。

ビール指数は、お仕事の日は夜の「お疲れ様ビール」、お休みの日には「昼からビール!」といったように、時間を問わずご利用いただけるように、気象データを組み合わせて計算しているんですよ。

 

▲天気×気温×湿度の3つの要素でビール指数は決まる

 

── ビール指数のうまい活用方法はありますか?

飲み会の日程をどちらにしようか迷われている場合は、1週間先の情報を参考に、ビール指数の高い日程を選ぶという使い方はあるかもしれませんね。

普段天気予報をあまり見ない方でも、ビール指数のように、自分ごとに置き換えられる情報だったら知りたいと思ってもらえるのではないかと、ちょっと期待しています。

ビール指数にせよ、洗濯指数にせよ、ちょっとした話のネタにしたり、忙しい生活に役立てたりすることはできると思いますので、ぜひときどきチェックしていただければと思っています。

これからも、皆さんに役立つ指数を開発していけたらと考えていますので、もし、天気に関係するこんな指数があったらいいなというご意見があれば、ぜひ教えてください。

 

まとめ

・「ビールが飲みたくなる度合い」を独自の計算方法、ロジックで算出したのがビール指数

・ビール指数の提供は2000年代前半から

・精度の高い情報にするためにビール指数の更新は1日5回

・ビール指数も含め、日本気象協会では年間24の指数を提供している

 

(取材・文 / たなかみえ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ