細身の引き締まった身体に!インナーマッスルを鍛えるエクササイズ☆

2017/6/19 20:30 美容マガジン myreco(マイリコ)

ダイエット成功は女子の永遠の目標。モデルのようなすらりとした体型、憧れちゃいますよね。ですが、ただ「痩せる」だけでは細い体型は維持できません。実は大切なのは、体の内側の筋肉、いわゆる「インナーマッスル」をしっかりと鍛えることなのです。今回は、インナーマッスルを鍛えて引き締まった体を手に入れるためのエクササイズをご紹介していきます!

1.ドローインでお腹まわりのインナーマッスルを鍛える


出典:www.pinterest.jp


腹筋や背筋といった筋肉を鍛えるために筋トレを続けているのに、今一つ結果が出ないと嘆いている人はいませんか?もしかしたらそれは、インナーマッスルがしっかりと鍛えられていないからかもしれません。

インナーマッスルを鍛えると、代謝がアップして脂肪燃焼の効率が上がったり、便秘が解消されたりと女性の体にとっていいことがたくさんあるのです。


特に多くの女性が悩んでいるお腹周りの脂肪や贅肉は、「ドローイン」と呼ばれるインナーマッスルを鍛えるエクササイズで引き締めることができます。


やり方はとっても簡単。

息をゆっくり長くはきながら、お腹を凹ませていくだけ。つまり腹式呼吸ですね。

とっても簡単なエクササイズで家事をやりながら、テレビを見ながらと日常的にも行なえますので、まずは一度挑戦してみてください。


2.プランクで体幹を鍛える


出典:www.pinterest.jp


ヨガなどにも取り入れられているエクササイズポーズ「プランク」は、腹筋をはじめとした体の各部位の体幹・インナーマッスルを鍛えるのに効果的。

左右バランスよくインナーマッスルが鍛えられるのもうれしいですね。

こちらもやり方はとっても簡単。


うつ伏せになり、腕立て伏せをするように上半身を持ち上げます。

肘は床についたまま、二の腕はピンと伸ばして体を支えます。

対して足はつま先立ちになり、ひざも腰も床につかないように持ち上げます。

この状態で、お尻が上がらないように体をまっすぐにして30秒間キープ。

お腹に力を入れないと体が崩れてしまうので、お腹周りのインナーマッスルを鍛えるのに非常に有効なエクササイズです。


3.スクワットで下半身のインナーマッスルを鍛える


出典:www.pinterest.jp


筋トレの定番・スクワットですが、実は下半身のインナーマッスルを鍛えるのにも効果的。

いつの間にかついてしまった太ももの筋肉、落としたいけどどうしたら良いのか分からない…そんな方も多いのではないでしょうか?

通常の腰を落とすだけのスクワットはそんな太ももの引き締めはもちろんですが、ちょっとスクワットの方法を変えるだけでインナーマッスルまで鍛えて、代謝アップにもつながりやすい体を作ってくれるのでぜひ挑戦してみてください。


通常のスクワットは上半身をまっすぐに、姿勢をただした状態で腰を落とすのが基本ですが、インナーマッスルを鍛えるにはお尻を少し突き出し、上半身を前のめりの状態にして腰を落としていきます。

もちろん足は肩幅に開いた状態で、両腕もまっすぐ前に伸ばして行ないましょう。

これを10回程度ゆっくり繰り返すことで、太もものインナーマッスルを鍛えることができますよ。

いかがでしたか?

インナーマッスルを鍛えることは、シェイプアップだけでなく、体のバランスを整え体幹を鍛えることにも繋がります。

特に息を吐くだけのドローインはとっても簡単に、かつ日常のどこでもできるエクササイズですので、お腹周りを気にしている女性はぜひ挑戦してみてくださいね♪

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ