警察の職質を回避できるかもしれないテクニック

2017/6/19 17:00 ラジオライフ.com

警察官による職務質問は、なるべく穏便に済ませたいものです。見られるとメンドくさくなる物品を持っている場合は特に…。そこで、職質を回避できるかもしれない裏テクニックを紹介しましょう。各警察署ごとに職質のマニュアルは千差万別ですが、試す価値はあるようです。

職質を尿意などの生理現象で回避

まずは職質を「仕事などの電話がかかってきたフリ」で避けるという方法。深夜帯だと、警察官が交差点付近に立っていることがあります。職質されそうになったら、スマホを出して誰かと会話するフリをしながら目の前を通過しましょう。

ただし暇な警察官は、後をつけてくることもあるようです。もしも呼び止められてしまった場合も、すぐさま電話がかかってきたフリをします。仕事の話など長電話になりそうに振る舞えば、警察官側も任意での職質なために電話が終わるまで職務質問はできません。しつこい警察官以外は早々に解放するハズです。

「もう限界…」と尿意などの生理現象の活用も、強制力の無い職質を回避する上で有効だといいます。しかし、演技力が必要となるので、それなりの覚悟を決めて実行しなければなりません。

職質された段階で、こちらは激しい尿意があることをまず説明。警察官は大抵「すぐ終わりますから」と職質を続行しようとしますが、ひるまずに「膀胱炎になったら責任取って下さいよ」と哀願します。

職質をスマホで録音すると伝える

それでも解放されない場合は後日、警察本部の監察室へクレームの連絡を入れるのも手。膀胱炎の診断書があれば郵送して問題提起しましょう。

「スマホでの録音を明示する」という方法も有効です。公務中には肖像権が発生しないからと、いきなりカメラを向けて撮影しようとすると警察官側の心情を逆なでする可能性が大です。

しかし、「頻繁に職質を受けてしまう自分自身に問題があると思われるので、記録としてこの職質を録音させて下さい」と伝えれば相手も無下に断れないハズ。その際、警察官の所属警察署と名前を聞くのです。

すると警察官に面倒だと思われ、職質からの解放のチャンスが広がります。また、上述の生理現象を活用する際にも、職質中の模様を録音しておくとクレームを入れやすくなります。(文/ジャンクハンター吉田)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント205

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ