男性がいつまでも傍にいてほしいと思う女性はどんな人?

2017/6/19 17:00 美容マガジン myreco(マイリコ)

「いつもでもそばにいてください」まるでプロポーズみたいな、こんな言葉を言われて見たいですよね。もう手放したく無い、ずっとそばにいてほしい、と彼が思うのはどんな女性なのでしょうか?それはきっと、人として、リスペクトできること。いつまでもそばにいてほしいと彼に思ってもらえる人になるためのヒントをまとめました。

共感力があるひと


出典:weheartit.com


いつも、一緒にいたいと思える人はどんな人ですか?

まずあげられるのが共感できる人。相手と同じ気持ちになって話を聞いたり気持ちを理解できる人です。

男性は自分のことをあなたに誰よりもわかっていてほしいと思うでしょう。

全く同じ人間はいないので、同じように感じることがあるとしても、かならず違う考え方を持っている部分があるはずです。


どれだけ同じ気持ちになって感情を共有できるか、が鍵です。

男性は自分の好きなことや趣味について語りたいもの。

自分はあまり興味がなくても良く聞いてあげましょう。

口を挟まずに、最後まで話を聞いてくれる人だと信頼してもらえれば、絆はどんどん強くなり、もう放したくないと思ってもらえるはず。


いつまでも綺麗でいようとしてるひと


出典:weheartit.com


男性は、女性にいつまでも若々しく、綺麗でいることを期待しています。

自然なエイジングを楽しめる素敵な女性になっていくためには、毎日のスキンケアや生活習慣をきちんとしていること、いつまでも綺麗でいたいという美意識が肝心。


新しいことやものへの好奇心、いつもワクワクしてることなど口に出さなくても滲み出ている綺麗のポイントを、男性は感じ取ります。

人としても、女性としても魅力的なあなたを、男性は絶対にほっとかないはずです!

・毎日のスキンケアは丁寧に、手を抜かずに


余計な飾りや、たくさん重ねたファンデショーンよりも、ほしいのは内側から潤いが湧き上がるような、素肌の透明感。

水分をいっぱい含んで満たされた肌は自然な輝きやツヤがあって、それだけで女性を輝かせてくれます。

年齢を重ねていくと隠したいものも増えてきますが、なるべくシンプルにミニマムにメイクを抑えられるような素肌感を目指して。


スキンケアはきちんと汚れを落として、きちんと補給するという基本を毎日積み重ねること。

それはひととしての行き届いた感性を体現するから、男性は素肌が綺麗な人が好きなのかもしれません。


可愛げがあるひと


出典:weheartit.com


年を重ねると、ひととしての経験値や仕事で培った価値観や見方が固まってくるもの。

今は女性も仕事で大きな仕事を任されたり、男子の中で世渡りしなくてはいけなかったりして強くなってしまいがち。でも男性が一緒にいたい人に求めているのは、的確な指示でも強い意志でもなく、”癒し”。


そう、男性が一緒にいたいのはいっしょにいて癒してくれる、でも芯の強い可愛げがある女性。

ちょこっとだけ抜けているところがあってスキがある、もうしょうがないなあって許してくれるような、可愛げが肝心です。

甘えるのが苦手な人も、ときどきは彼に頼ってみて。


内助の功ができるひと


出典:weheartit.com


「内助の功」って古臭いと思っていませんか?

でも長く一緒にいる、仲良しなカップルは、彼女がうまく内助の功ができている場合が多いんです。

それは男性と女性の造りが違うから。

もともと、男性はリーダーとしていろんな判断をしたり、指示をするポジション、女性は男性のサポートをするポジションとして、お互いがお互いを補うようになっているんです。


脳の作りも、情報の処理や感性ももともと持っているものが違うから、もし女性が男性と同じように張り合って自分で決めようとするとうまくいかないことが多いんです。

もちろんなんでも犠牲にする必要はないけれど、一歩下がって彼をたてることができる女性は、きっと彼からの信頼やリスペクトが得られるはず。

今後もし結婚するのなら、なおさらそれが必ず必要なスキルに。

男性や女性という括りの前に、一歩下がって相手を尊重したり、たてられるひとって憧れませんか?

ひととして尊敬できること、そして女性としての内側からの輝きや芯の強さ、でも可愛げがある女性…誰もがそんな女性にいつまでも側にいてほしいと思うはず。

彼のいちばんそばにいるために、頑張ってみては?

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ