小池百合子女史の「都政立ち往生」パフォーマンス政治家の限界点

2017/6/19 12:00 デイリーニュースオンライン

「都政立ち往生」対決姿勢でどこまでやれるか 「都政立ち往生」対決姿勢でどこまでやれるか

 山本一郎(やまもといちろう)です。しばらく都政周りを見ていて思ったのですが、昨年小池百合子女史(64)が都知事選に勝利し、爆発的な人気を誇っていたころから「すでに決まっている政策のちゃぶ台返し」を狙ってやっている部分が垣間見えて、ちょっとなあと思っていたわけです。

 シンプルに言えば、五輪問題などは適例なのですが、2020東京五輪というのはもちろん予算絡みのすったもんだはあっても、それは基本的に「国」と「東京都」と「周辺自治体」と「JOCなど関連団体」の問題に落ち着いていました。実際にはもう東京オリンピックパラリンピックは実施する前提であることは間違いないわけで、すべては一定のコンセンサスの下で動いていたわけですよ。

 ところが、小池百合子女史がこれを一部ひっくり返そうとします。もちろん、五輪の予定調和的なあれこれで言うならば、望ましくない話はたくさんあります。膨れ上がる開催費用、謎の受発注、施設に関する他自治体との取り決めや費用分担など、細やかに見ればお互いの利害が対立していたり、あまりにも納期が短いので受注してくれる建設業者がいないという理由で「落札率99.99%」みたいな談合が疑われる話なども出てきていました。

 その後、そういう問題点を指摘することで検証が進み、実は問題がなかった、それほどのことではなかったということがだんだん分かっていくのですが、小池女史の場合はそういう問題を「誰かがやったことであり、それを暴き、止めることで人気を稼ぐ」方向にシフトします。

 別に構わないんですよ、疑惑を持つこと自体は、実際、疑問視される取引もなかにはあったのでしょう。ただ、この「国」に関わることで言うならば、五輪運営委員会委員長が自民党の中の自民党である元総理・森喜朗さん(79)が中心にいたということで、この森さんと対立し、騒げば騒ぐほどに小池女史の名声が上がり、古い自民党政治との対決者である自分、が演出できると踏んだ点は強く感じられます。

 それが悪いとは言わないんですけど、これは文字通り劇薬でありまして、実際には関係者が手順を踏んで調整の結果、これが一番良いであろうと決定されてきたプロセスそのものも踏みにじる可能性があります。森喜朗さんというのはその関係者の検討や調整や努力の上にフワッと座っているだけだった場合、その森喜朗さんが決めたことだからちゃぶ台返しをするとなれば、そこにいた関係者がみんな傷つくことになるわけです。

 いま小池百合子女史の問題というのは、この「おそらくは関係者の努力の結果、ようやく調整できたこと」があらぬ疑いで穿り返され、プロセスの検証という名のもとに不要なストップがかかった結果、どうにもならない事態になっているということです。

■小池女史のパフォーマンス

 その最たるものが、今回の豊洲新市場への卸売市場の移転問題です。

 結局、小池百合子女史の「立ち止まる」まではまあ何とかそんなものかなと言えても、その先の、小池個人が組成したようなプロジェクトチームによる検討は、単純に共産党の流したガセネタの上に立脚するようなものとも言えます。共産党かて、騙すつもりもなかったのでしょうが、蓋を開けてみれば盛り土も建築強度も地下水の汚染も問題にはならないことばかりで、それであればなぜ立ち止まったのか、いまのいままで問題を引っ張り、都議会選の直前まで決められることなくこんにちまで来てしまったのか、という批判に晒されることにはなります。

 翻って、小池都政の内容を見るに「彼女が騒いでいること以外はそれほどまずい混乱は起きていない」ということでもあって、都庁関係者からすると「小池都知事が(うっかり興味をもって)関心を持たないように腐心する部分はある」という状況でもあります。実際、小池女史が口を出し始めるとすったもんだしてしまうことを怖れてのことでしょう。

 また、小池女史がある種の有害さを持っているとしても、それとは別に彼女はとても聡明な部分もあるのです。これが、一番困るところでもあるのですが、仕事に関しては少なくとも熱心な政治家であり、問題意識をクリアにするために人を巻き込んでいくという基本動作はものすごくきちんとできる人物であることは言うまでもありません。逆に言えば、その歯車がいったん間違った方向に動き始めると、謝罪できない、泥を被れない小池女史が自分から勝負を降りることがむつかしくなります。

 だからこそ、都庁関係で言うならば、もともとたいした問題のなかった人物が更迭されたり、豊洲移転の最終決済者は舛添要一前都知事なのにどういうわけか石原慎太郎元都知事(84)が百条委員会に呼ばれるという事態に陥ったりします。いわば小池女史のメンツを保つために解体ショーの具にさせられてしまった格好でしょうが、問題が一つひっくり返るごとにこのような大見得を切るようでは周りがどんどん傷ついていってしまいます。

 そして、五輪については失敗できない状況の中で、ようやく築地移転が決まっても、今度は五輪輸送問題の根幹である2号線建設が間に合わないという問題が迫ります。ここでまた、誰かに責任を負わせることになるのでしょうか。

 この問題についてはやはりきちんと見ておく必要があると思うんですけどねえ。

文・やまもといちろう

慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント68

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ