“やる気”を原動力にするのはNG! 仕事を先延ばしにしてはいけない本当の理由【DJあおい】

2017/5/19 22:05 ウートピ

wotopi wotopi

【今週のボヤき】

小学生の悩みみたいなボヤキで恐縮ですが……。気が乗らない仕事や揉めそうな仕事をつい先延ばしにしてしまう癖があります。思えば小学生の頃からそうでした。夏休みの宿題はいつも最終日に片付けるタイプ。「やらなきゃなあ」と思いつつもつい先延ばしにして締め切り直前に焦ります。大人になったし、後輩の手前、そろそろそういう仕事の仕方をやめなければとは思っているのですが……。

「やらなきゃ」のストレスで疲れてしまう

夏休みの宿題を土壇場で片付けるのは誰でも一度は経験のあることだと思うのですが、あれってストレスが溜まるんですよね。

やらなきゃと思いつつも明日へ明日へ先送り、背中にはいつも「やらなきゃ」というストレスを背負って、何もしていないのにそのストレスで疲れてしまうんですよ。

同じストレスならやらないストレスよりもやったストレスのほうが生産的。
それを夏休みの宿題で学んできた人も多いかと思います。

それに土壇場になってやる人と計画性を持ってやる人では目的が違ってくるんですよね。

計画性を持ってやる人の目的は勉強を身につけること、仕事では結果を出すことが目的になるのですが、土壇場になってやる人の目的は「期日までに終わらせること」になってしまうんです。

前者は自分の能力を底上げしてくれる努力になるのですが、後者はただやっつけるだけのその場しのぎにしかならないんですよね、終わった後に何も残らないのが土壇場でやる努力なんです。

計画性のある努力は実力を養い、土壇場の努力はその場しのぎ。

やっていることは同じことなのかもしれませんが、後になってその差は歴然と開いてくるものなんですよね。

土壇場タイプの悪い癖って?

土壇場タイプの人の悪い癖というのは、まずはモチベーションを上げようとしてしまうこと。

「やらなきゃ、やらなきゃ」と自分を鼓舞してやる気を出すことに時間をかけて、やる気になるのはもう深夜。

結局は「明日から頑張ろう」という結論に至り、翌日はまたモチベーションを上げることからスタートして同じような毎日の繰り返しになってしまうんです。

モチベーションを原動力にしようとすると結局は土壇場になり不安を原動力にするしかなくなってしまうということです。

計画性のある人はモチベーションを原動力にはしていません、やる気があろうがなかろうが計画を優先して行動に移します。そして行動と共にモチベーションを上げていくというやり方でやっているんですよ。

やる気なんてやらなきゃ出ないものなんです。
精神力の問題ではなく行動力の問題ということ。

「やらなきゃ」なんて自分を鼓舞する前に行動していなきゃダメなんですよ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ