もうSMAPや嵐は生み出せない?ジャニーズJr.の離脱が止まらないワケ

2017/5/18 21:05 デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです) Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 昨年、SMAP解散という大騒動で注目を集めたジャニーズ事務所。年が明けて、SMAPの元メンバーたちは各自ソロ活動を展開し、事務所も落ち着きを取り戻しているかのようにも見えるが、関係者によると現在、「ジャニーズJr.の離脱が加速している」という。

「その理由はやはり一連のSMAP騒動が原因。これまでトップクラスでジャニーズに貢献してきたSMAPがあのような形で分裂し、事務所にも守ってもらえなかった状況が露呈したことで、所属アイドルたちはみな『自分達も使い捨てにされるのでは』と、疑心暗鬼になっている。すでにデビュー済みの面々はまだいいとして、その余波はJr.達に襲いかかっています」(テレビ局関係者)

 実際、今年に入ってから相当数の有望なジャニーズJr.が次々に事務所を去っているようだ。

「第一線でアクティブに活動しているJr.はおよそ100人前後と言われていますが、実はその人数も減少傾向にある。あるメンバーなんて、事務所の幹部から『もうデビューすることはない』とキッパリ言われた、との情報も。それが事実なら、たしかにジャニーズにいても意味はないと感じ、離脱を決断するメンバーが続出するのは無理もありません」(前同)

 しかし、SMAPの件でJr.が自発的に辞めていくだけならまだしも、事務所サイドから切り捨てるような宣告をしているのは、一体どういうことなのか。

■ジャニーズは将来のスターを育てる気はない?

 前出の関係者が解説する。

「SMAP騒動を経て、世間にもジャニーズの“弱体化”が露呈していますが、事務所側もそれを痛感している。そこで、本来なら新たなスターを育てる必要があるものの、ジャニーズはもはや嵐やHey! Say! JUMPなどメジャー組での商売しか考えられなくなっているようです」

 デビューさせても売れるか定かではないJr.に金や時間を割くよりも、すでに売れているデビュー組に力を注ぎたいといったところか。しかし、嵐のメンバーなども元々はJr.で、下積みを経たからこそ現在のポジションを築けたはず。ジャニーズは、将来のスターを育てる気もなくなってしまったようだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント713

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ