KAT-TUN・亀梨和也が雑に扱われた?関係者が意外な撮影秘話をつづる

2017/3/20 16:00 デイリーニュースオンライン

Photo by dacian dorca-street photographie(写真はイメージです) Photo by dacian dorca-street photographie(写真はイメージです)

 2月21日、東京・原宿にある商業施設・ドリーム*ステーションJOL原宿に、KAT-TUN亀梨和也(31)が『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)の収録で訪れたとの目撃情報がSNSで拡散され、ジャニーズファンの間で話題となった。偶然居合わせた人が「タピオカドリンクをおごってもらった」と亀梨の紳士な振る舞いを報告したこともあり、放送を楽しみにするファンは多かった。

 そして3月16日、亀梨が同番組にゲストとして登場し、ロケを行った際の様子が放送された。番組内では、ドラマや映画の共演者に年下が増えてきたため、「若い世代とギャップを感じる」という亀梨の悩みを紹介。そこで、若者文化を学ぶため、原宿を中心に話題のスポットを巡る企画が行われたのだ。

 まず亀梨が向かったのは、原宿・竹下通り。突如亀梨が現れたとなったら、ファンが殺到しパニックになってしまいそうだが、誰も亀梨に近づくことのないまま、あっけなくドリーム*ステーションJOL原宿に到着。施設に入るとさすがに大きな歓声が上がっていたが、遊びに来ていた女性たちに亀梨の印象を聞いてみると、「松潤みたいでカッコいい」と、嵐・松本潤に“似ている”という感想が飛び出す。また、KAT-TUNが現在“充電期間中”と知ってか知らずか、「コンサート行きます!」と声をかけられる亀梨。「やっぱ(情報が)届いてないんだね、知らないんだ」と、若い世代への認知度の低さに落胆気味であった。

 その後、女子高生に人気のスポットを何カ所か巡り、最後に向かったのは、「JELLY JELLY CAFE」というボードゲームカフェ。1人で入店しても、「相席OK」という札を立てておけば、見知らぬ人とゲームを楽しむことができる。ということで亀梨は、スタッフを連れずに1人で入店することに。「相席OK」の札を立てて声がかかるのを待っていたが、周りの客は自分たちのゲームに集中しており、だれも亀梨に声をかけない。見かねた店員が客に亀梨との相席を頼み、なんとかゲームをすることができたわけだが、番組スタッフから「待ってばっかりじゃないですか」と注意されてしまう。自ら相席を申し出ることに挑戦した亀梨だが、「ちょっと今集中してるんで、すみません」と、丁重に断られ、この企画は終了してしまうのだった。

 ジャニーズのトップアイドルとは思えない終わり方だったが、この放送後JELLY JELLY CAFEの公式サイトにて、収録時の裏話が明かされた。その内容によると、収録時間は1時間半ほどで、「亀梨くんは4組のお客さんと相席してもらっていろんなゲームを楽しんでいただきました」とのこと。逆に、相席を断られたのは最後に登場した1組だけだったとか。しかし、その場面が番組スタッフに大ウケしていたらしく、結果的にオチに使われた、とのことだった。

 番組側の編集によって悲しいオチになってしまったが、この様子を見ていたファンは「自分から声をかけに行くとか、ガチンコな企画に挑んだ亀梨くんすごい! こういう企画は亀梨くんらしさが出ていいね」「ちょっとかわいそうなところもあったけど、若者相手にドギマギしてる亀ちゃんは新鮮だったな~」「若い子に翻弄される亀ちゃん(笑)なかなか見られない表情がたくさんあった!」と、意外にも楽しんで見ていたようだ。

 あえてアイドルとして扱わなかったことで、逆に亀梨らしさが光る企画になったよう。今後亀梨がバラエティで活躍するには、今回のような“ガチンコ企画”に挑んでいくのがよいのかもしれない。

文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント32

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ