【ハイテンション利休】思わずタイトル買いしてしまいそうなボードゲーム4選

2017/2/20 19:01 ネタりかコンテンツ部

みなさん、お好きなボードゲームはありますか?

「人狼」の流行など、ここ1、2年で再注目を集めているボードゲームの世界。でも、百人一首から人生ゲームまで、コンセプトや形態は多種多様。種類もたくさんあるので、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで本日提案したいのが、「ボードゲームのタイトル買い」です。例えば「ハイテンション利休」というボードゲーム

 

img_9594

 

もうこのタイトル見ただけで絶対レジに持っていきたくなるはず。

そしてこんな風に、タイトル見ただけで買いたくなっちゃうボードゲームは、まだまだたくさんあるはず……。

 

img_2403

 

というわけで向かったのはボードゲームショップ。秋葉原にあるアナログゲーム専門店のRole&Roll Station 秋葉原店さんにお邪魔します。

 

img_2344

 

 ある……!

 

img_2362

 

国内外のボードゲームが、期待以上に大量にある……!

なお、こちらではボードゲームの貸し出しも行っており、奥のプレイルームで遊ぶことができるそうです。ここで一生過ごしたい。

 

……と、長々と語ってきたものの、実は私は“好きなだけでボードゲームに全く詳しくない”というポンコツに過ぎません。そのため案内役として、ボードゲームオタクのAさんを呼ぶことにしました。

 

hasimo

 

Aさんは、国家資格を取るために勉強中という忙しい身であるにも関わらず、週1以上のペースでボードゲームショップに通っているほどのオタク。手に持っているのは、「バトルライン」というボードゲームで、外で遊ぶ時にカードが汚れないよう一枚一枚袋に入れていました。すごいこわだり。

ちなみに、ボードゲームを始めた理由は「友達が欲しかったから」だそう。

 

そんなAさんの協力のもと、Role&Roll Station 秋葉原店で見つけた“思わずタイトル買いしてしまいそうなボードゲーム4選”を紹介したいと思います。

 

1. ハイテンション利休

img_2350

 

「ハイテンション利休」
・プレイ人数:4〜6人
・プレイ時間:20分
・対象年齢:8歳以上

プレイヤーは戦国武将となり、利休の茶会に出席する。茶会で自慢の茶器を披露し、利休のテンションを見計らい、ほどよい額の茶菓子を手に入れた者が勝者となる。

(引用元:Amazon

 

まずは冒頭で紹介した「ハイテンション利休」から。とにかくタイトルのインパクトがすごい。さらに上記の商品説明を声に出して読んだなら、軽くパニックになること間違い無し。

 

Aさんの解説:「心理戦系のゲームだから、皆でワイワイ盛り上がるというより静かに楽しむ感じになります。余談ですが、説明文の最後の一行に“引き分けの場合は他のゲームで決着をつけてください”と書いてあって、笑いました」

 

2. エセ芸術家ニューヨークへ行く

img_2364

 

「エセ芸術家ニューヨークへ行く」 

・プレイ人数:2〜10人
・プレイ時間:約20分
・対象年齢:8歳〜

みんなでひとつの絵を描いている中、ひとりだけ何を描いているのか分かっていないエセ芸術家がいます。いったい誰が当てずっぽうに描いているのかを見つけ出しましょう。ただしエセ芸術家に何を描いているのかバレてはいけません。自分がエセだと疑われないように、でもエセに正解がバレないように、うまく描くことができるでしょうか。

(引用元:Amazon

 

エセなのにニューヨークへ行ってしまったばっかりにとんでもないピンチに陥っています。地元でゆっくり過ごせばよかったのに!

こちらは付属のマーカーでお絵かきをする一風変わったボードゲームで、パッケージデザインがめちゃくちゃ可愛いです。

 

Aさんの解説:「皆でワイワイ楽しめるボードゲームです。“ボードゲーム自体を全くやったことがない”という人が多いときなど、特におすすめ。意外な人が絵心ゼロだったりするので、仲が良いグループでやると一層楽しいと思います。ボードゲームは相手の意外な一面を見られるところが醍醐味でもありますから。」

 

3. 知ったか映画研究家スペシャル!

img_2379

 

「知ったか映画研究家スペシャル!」

・プレイ人数:3〜10人
・プレイ時間:5分
・対象年齢:12歳〜

あなた達は知ったかぶりばかりしている映画研究家。
ひょんなことから、論評会に呼ばれたあなた達。
知恵と勇気とトーク力で、この危機を乗り越え、真の「知ったか映画研究家」になることを目指そう!

プレイヤー達はカードによって作られた架空の映画について論評しなければならないが、
しかもあなた達は、知ったかぶりをしている為、他プレイヤーの発言をすべて肯定しなければならないのだ!
どんどん出来上がっていく謎の映画に、話を合わせる楽しさは、笑いなしでは語れない!
今作は映画だけではなく、様々なテーマに対して「知ったか」出来るオリジナルルールも入っており、楽しみ方は無限大!
テーマ例も15個入っての大ボリュームで、お楽しみいただけるだろう。

(引用元:Amazon

 

ニューヨークに行っちゃったエセ芸術家と同じくらいピンチに陥っている映画研究家がいました。断って家でゆっくりすればいいのに! まるで壮大な即興コントのようで面白そう。

 

Aさんの解説:「トーキング系のボードゲームですね。コンセプトが面白いので皆とても盛り上がりますし、笑えるシーンも多いです。ただ、シャイな人が多いと盛り上がりはイマイチでしょうね。シンプルなルールですぐに始められるうえ、場所も取らないのでどこででも遊べます。だから合コンとかにもいいんじゃないでしょうか。僕は呼ばれたことないのでよくわからないですけど

 

4. 娘は誰にもやらん!

img_2346

 

「娘は誰にもやらん!」

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:10分
対象年齢:10才〜

大切な一人娘には幸せな結婚をしてほしい。だが、いい加減な男に、娘はやれない!
そんな微妙な父親心を描いたゲームです。

引用元:Gamemarket

これ本当にボードゲームなの? 連続ドラマのようなタイトルと商品説明文で、謎は深まるばかりです。

 

Aさんの解説:「あ、これ今一番気になってるやつです」

 

商品説明文を読んでも内容が想像つかなかったうえに、Aさんもやったことがありませんでした……。とりあえず気になるので、購入してAさんとプレイしてみることに。

 

img_2413

 

ざっくり説明すると、プレイヤーは父親となり、娘に結婚を申し込んでくる男性を見極めるゲームでした。

 

img_2411

 

カードの種類は「男」「娘」「男の黒い噂」「娘の属性」「成婚」の5種類。

「男」カードにはイラストと共に男性の点数が書いてあり、王子様のような100点の男からダサい格好をしている20点の男までよりどりみどりでした。

 

img_2414

 

遊び方は、まずプレイヤーAが「男」カードの山から一枚取り、プレイヤーBに「娘さんを僕にください!」と言います。めちゃくちゃ恥ずかしいけど、言います。

そしてプレイヤーBは、その男が娘にピッタリの男かどうかを考え、結婚可否の判断を下します。

なお、その間にプレイヤーAは、「男の黒い噂カード」の山からカードをめくり、男の点数を下げることもできます。プレイヤーBが「この男だったら大丈夫だろう!」と思って結婚を許しても、実は点数が低い男だった、なんてことも。

 

そうやって最終的な点数が多かったプレイヤーが勝利となるのですが、最後にオープンとなる「娘の属性カード」には

・「娘はメガネをかけてる男しか好きじゃない。メガネ以外の男 マイナス20点」
・「イケメンは無理 イケメンだったら マイナス40点」
・「結婚願望ゼロ 結婚したら マイナス30点」

などの属性が書かれており、どんでん返しもありえます。

 

コミカルなタイトルとは裏腹にシビアな心理戦が繰り広げられる内容で、とても盛り上がりました。

 

おわりに

タイトル買いは、タイトル以上におもしろいボードゲームに出会えるチャンスかもしれません。今回購入しなかったボードゲームも、気になってしょうがないなあ……。そんなわけで皆さんもぜひタイトル買いをして、友達と盛り上がってみてはいかがでしょうか?

……え? 友達がいない? 大丈夫です。

img_2397

 

1人用のボードゲームもたくさんあるんです。

それでは皆さん、タイトル買いで良いボードゲームライフを!

 

 

【撮影協力】
Role&Roll Station 秋葉原店
営業時間:平日 12:00〜21:00 土日祝 11:00〜20:00
住所:東京都千代田区外神田3-14-9 第26東ビル6F
(秋葉原電気街口より徒歩5分)
http://www.arclight.co.jp/r_r_s/

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント7

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ