伊豆「アトリエロッキー万華鏡館」でトイレの万華鏡をのぞいてきた

2017/2/18 19:01 ネタりかコンテンツ部

静岡県の伊豆にはさまざまな博物館がある。

もちろん絵画やアンティークジュエリーの博物館もあるのだが

私の好みなのは「ろう人形博物館」「怪しい少年少女博物館」「アンモナイト博物館」といった変わり種だ。

 

rocky-4

▲アトリエロッキー万華鏡館の創作万華鏡コーナー

 

今回ご紹介する変わり種の博物館は「アトリエロッキー万華鏡館」。

キレイな万華鏡がならぶ乙女チックな空間を期待してはいけない。

 

rocky-5

 

たとえばこのツタンカーメン、万華鏡なのだ。

鼻の穴をのぞいてボタンを押すと、不思議な音楽が流れて星がクルクルまわりだす。

 

俺は、なにを見せられているんだ……。

 

rocky-3

 

この作品は歴史的に見てあまり貴重でもない普通の万華鏡です

と注意書きされているが、ぜんぜん普通ではない。

このような、“ぜんぜん普通ではない”万華鏡が20種類ぐらい展示されている。

 

rocky-6

 

赤電話の万華鏡。受話器をとって、10円玉投入口からのぞく。

 

rocky-14

 

クーラーボックス万華鏡。

陽気なコカ・コーラのCMソングが流れだす。夏にピッタリの万華鏡だ。

 

rocky-13

 

太鼓の万華鏡。

太鼓をたたくと、その振動で模様が変わる。

 

rocky-22

 

世界一大きな万華鏡。体ごと中に入れるのだ。

潤滑油でみたされた正面部分が回転し、ゴトッ……ゴトッ……と無骨な音をかなでて模様が変わっていく。

同じ模様は4,600億年に1度しか見られない。

 

寿司

 

いくつか動画でもご覧いただこう。

これは寿司の万華鏡。

寿司食いねえのリズムにあわせて、くるくるまわるお寿司たち。新しい回転すしの形である。

 

 

トイレ

 

こちらはトイレの万華鏡。

見終わったあとに「ジャ~~ッ」と水が流れる音までしこむ芸の細かさだ。

のぞき口からいい匂いするなぁとおもったら……

 

rocky-16

 

シャネルの5番がふりかけられていた。

 

c3gb9pkvuaeda6f

▲「コントロールのできないお子さま」はご入館はご遠慮くださいとのこと

 

「美的センスないからゲテモノにしたんですよ」

 

rocky-26

▲万華鏡の解説をしてくれる館長さん

 

館長さんが万華鏡館をオープンしたのは2000年。

 

趣味であつめていた万華鏡をかざって、退職後にのんびりやろうとかんがえていたが、創作活動にハマってしまいこのような奇抜な博物館になった。

 

「はじめはキレイなのを作ろうとしてたけど、美的センスがないことに気づいてゲテモノにしたんですよ!」と館長さん。

「これ、万華鏡にできそうだな」とおもったものを、かたっぱしから万華鏡にしていったそうだ。

 

rocky-36

 

館長さんが万華鏡にハマるきっかけはステンドグラスだった。

愛犬のステンドグラスが欲しかったので、見積もりをしてみたら数十万円かかるといわれた。

「それなら自分で作っちゃえ」とステンドグラス教室通いはじめたところ、その先生がステンドグラスで万華鏡をつくるアーティストだった、とのこと。

あまりに美しい万華鏡たちに衝撃をうけて、自分もその道に足をふみいれたんだとか。

 

rocky-37

 

前職はテレビの番組制作。こちらの博物館をつくってからは映像関係の仕事から離れていた。

しかし、近年のドローン技術向上に空撮意欲がかりたてられて、ドローン撮影専門の会社をつくったそうだ。

城ヶ崎海岸や大室山など伊豆の自然を空撮している。

万華鏡といいドローンといい、なんともパワフルなお方だ。話しを聞いてるとやる気がわいてくる。

 

 

◎取材・文:松澤茂信(Twitter)

観光会社「別視点」の代表。「東京別視点ガイド」を書いてます。

 

◎撮影:齋藤洋平(Instagram)

観光会社「別視点」の副代表。観光カメラマン。

 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ