髪がゴワつくから「どこでもシャンプーできるマシン」を作った

2016/12/26 10:33 ネタりか編集部 [PR] Sponsored by BOTANIST

shampoo-001

 

どうも、頭を抱えているマンスーンです。

 

僕の髪はゴワゴワでまとまらず、おまけに量が多いので重みでペタンとしてしまうのが悩みなんです。ちなみに、どのくらいゴワゴワなのかというと……、

 

shampoo-002

 

髪をクリスマスツリーにできるほどです。

 

シャンプーした直後はふんわりとしているのですが、数時間後にはゴワゴワに戻ってしまいます。

 

常に髪をふんわりとさせておくためには、気になったらその都度、お風呂やトイレでシャンプーできればいいのですが、それはちょっと難しいですよね。

 

そこで僕は考えました。

 

shampoo-003

 

いつでも気軽にシャンプーができるマシンを作ろう!!!!!

 

 

shampoo-004

 

 

shampoo-008

 

自動どこでもシャンプーできるマシン」が完成しました!!!

 

 

setumei

 

仕組みはざっくりこんな感じです。

 

それではさっそくマシンを使ってみましょう!

 

 

shampoo-009

 

オープンテラスのカフェで、コーヒーを飲みながら優雅に読書。

 

長時間活字を読んでいると目が疲れ、集中力が切れてきます。そんなとき、頭をスッキリさせるためにシャンプーがしたくなりますよね?

 

このマシンにお任せください。

 

shampoo-010

 

こちらがコントローラー。まずは「水発射スイッチ」をONに!

 

shampoo-011

 

ジャバーーーー!!!

 

髪を十分に濡らしたら、お次は……、

 

shampoo-012

 

シャンプー発射センサー」に指をかざす!

 

すると、水で薄めたシャンプーが……、

 

shampoo-013

 

ピューーーーーッ!!!

 

続いて……、

 

shampoo-014

 

ウォッシュボタン」をPUSH!

 

shampoo-016

 

ウィイイイイイイイイイイイン!!!!!

 

ブラシが高速回転し、髪と頭皮の汚れをきれいにします。

 

ふたたび「水発射スイッチ」をONにして、シャンプーを洗い流しましょう!

 

shampoo-017

 

ジョボーーーー

 

最後の仕上げに「ドライヤースイッチ」をONにすれば……、

 

shampoo-019

 

両サイドのプロペラが回転し、髪をしっかり乾かします。

 

shampoo-021

 

ふぅ……。サッパリした。

 

 

ほかにも、さまざまなシーンでこのマシンを活用できます。

 

たとえば、お風呂に入るのが面倒くさいとき。

 

shampoo-027

 

「あ〜、仕事疲れた〜〜〜〜!!」

 

shampoo-028

 

風呂、めんどくせ〜〜〜!!!!!

 

 

shampoo-030

 

ヴウィイイイイイイイイイイイイン!!!!!

 

 

shampoo-032

 

ジャバーーーーーーーーーーッ!!!!!!!

 

 

shampoo-033

 

……すみません。これまで見て見ぬふりをしてきたのですが、このマシンにはいくつかの欠点があります。

 

それは、「そもそもマシンが大きくて邪魔」なこと。それに「毎回パンツまでビショビショに濡れる」から冬場は体が持ちません。

 

いつどこでもシャンプーできるのはうれしい限りですが、シャンプーのしすぎで髪が乾燥し、逆にごわつきが悪化してしまうかもしれません

 

そこでオススメしたいのがコチラ!

 

botanist1

 

ボタニカルバスブランド・BOTANISTの「ボタニカル スカルプシャンプー・トリートメント」です。

 

スカルプ」と名のつくものは男性用のイメージがありますが、スカルプ(頭皮)ケアは女性にとっても大切。頭皮は汗や皮脂などの汚れが溜まりやすく、そのままにしておくと髪のハリやコシがなくなったり、フケや抜け毛の原因になったりします。

 

botanist2

 

BOTANISTは、成分の90%以上が「植物由来成分」と「水」で構成されているため地肌と髪に優しく、根元からふんわりとした髪に。まるで美容室帰りのような仕上がりを実感できます。

 

しっとりした髪が好みの方には「ボタニカルシャンプー モイスト」、サラサラな髪を求めている方には「ボタニカルシャンプー スムース」もオススメです

 

shampoo-037

 

BOTANISTと、このマシン。あなたはどちらを選びますか?

 

 

↓ BOTANISTの情報はコチラから ↓

BOTANIST公式サイト

 

最新の情報を提供している「LINE公式アカウント」はコチラから。

 

 

 

(おわり)

 

マンスーン(Twitter:@mansooon)+有限会社ノオト

ハイエナズクラブ」(外部サイト)や「オモコロ」(外部サイト)で記事を書いています。理系大学出身をまったく生かせていない低い技術力で役に立たない電子工作をしたり、B級映画のVHSテープを収集したりしています。

このネタ読んでどう思う?

カテゴリ別アクセスランキング

トップ