力士、芸者のマネキン… タイのデパートの「日本風」がぶっ飛びすぎ

2016/1/29 15:06 ネタりか自由帳

こんにちは、ネルソン水嶋です。今回はアジア発の変わったネタをご紹介します!

海外で日本の文化に触れると、その独自解釈っぷりに驚くことが多々あります。
変な日本語、侍は今も存在する、寿司にはチリソースが掛かっている……。

そんなころ、タイ・バンコクのデパートでとんでもない光景を見つけました!

それは、力士が稽古をしているバンコクのデパート。
意味が分からないと思いますが、もういきますよ、いきなりいきますよー! デパートですからね!?

 

P1740997

 

P1750001

 

P1750003

書き出しておいてなんですが、何から説明すればいいものか……。

見ての通り、力士です。しいて特徴を挙げればちょっと色白な感じ。
デパートの内部ですから、これは柱ということになりますね。

 

■あぁ素晴らしきかな、バンコク発のとんでもない「日本風」

P1750039

こちらは「TERMINAL21」。2011年にバンコクにオープンした比較的新しめのデパートです。

 

P1750007

名前の通り「空港」がコンセプトで、各フロアの内装が「パリ」「ロンドン」「サンフランシスコ」といったように、世界各都市をイメージしています。

 

london_floor

たとえばロンドンはこちら。
衛兵(?)の銅像が座っていたり、ロンドンの2階建てバスがドカッと置いていたりします。

 

P1740945

さすがにこんなベンチは本国にもねぇだろ、という感じですが、あくまでイメージだからまだいい。が、そのラインナップに並ぶ「東京」が、さきほどの力士もひっくるめていくらなんでもぶっ飛びすぎなんです!

 

P1750027

「TOKYO」と書かれた空港のゲートを模されたエスカレーターを登ると……、

 

P1740962

鳥居!

 

P1740959

さらに招き猫!

 

P1740963

芸者さん!

 

japan_floor

と、こんな感じで「日本風のもの」に囲まれます。

 

P1750020

床にはビシッと横断歩道! もちろん車は通りません。

この時点で圧倒されますが、それだけではないんです。

 

■意味を汲み取るだけムダなおかしな日本語たち

デパートと一口に言ったところで、アパレルや家電製品、レストラン街などといろいろなフロアがあります。ここでは何を扱っているのでしょうか?

 

P1740979

と思ったら、「らーめん」と書かれた看板が! なぜか反転してるけど!
あーなるほど。ここは日本食レストランが並んでんだな……と思いきや。

 

P1740978

服?

 

P1740968

 

P1740969

嬉嬉として…? しあわせ…?

 

P1740971

 

P1740973

共存共栄…? 完全無欠…?

あ、あぁ。

ここの日本語は、意味を汲み取るだけムダなんだな。

日本語はただのファッションで、とくに意味らしい意味は無いのだろう。

その証拠に……、

 

P1740981

日本語かと思いきや……、

 

P1740982

これは少し前にネットでも話題になった、日本語に見えるという英字フォントですね。
そもそも、のれんが高すぎてくぐれないというツッコミもあるけれど。

 

P1740996

さきほどと同じ「らーめん」の看板も、2つ目を発見したのですが、反転どころか上下の概念もなくなりました
もうちょっと合わせようとしろよ、適当すぎるだろ!

 

■一応、「東京」です! 山手線の各駅が盛りだくさん!

と、ここまで紹介した限りだと「東京」というより「日本」といったところですが、一応はそれらしいものもございます。

 

P1750009

高田馬場!

 

P1750014

五反田!

 

P1750011

原宿、恵比寿だって!

そう、山手線の各駅が各店舗に割り当てられているんですね。
しかしながら、全体的にランジェリーショップが多い背景は謎のまま

 

P1750012

ちなみに代々木はトイレでした。

と、「TERMINAL21」はこのようなぶっ飛んだ日本風が見られます。

それでいて、有名ブランドショップも集まる立派なデパートなんですよね。アソーク駅から直結、バンコクのど真ん中なので、観光のついでに寄ってみれば、きっとひと笑いが起こること必至ですよ!

最後にひとつ、書かれていた日本語を紹介して終わります。

 

P1750017

 

P1750019

いや、自分で言ってんじゃねぇよ!

 

writer_nerusonネルソン水嶋+ノオト
ベトナム在住のライター。現地のマニアックな魅力を伝えるウェブマガジン「べとまる」(外部サイト)で活動中。そのほか、ガイドブックやイベントなども企画。TwitterIDは@nelson_mzsm。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ