すぐに使える!遅刻しても許されちゃう「便利な言い訳」を考えてみた

2017/3/21 06:30 Woman Insight

CanCam.jp CanCam.jp

暖かい日が多くなってきて、外に出掛けたくなる陽気な毎日が続いていますね。友逹とのご飯や飲み会、ショッピングなど、「楽しい1日になりそう♪」と思った矢先に一気にテンションが落ちるのが、そうアレです。遅刻です。

自分が時間通りに来ているにもかかわらず、遅刻をされるとイラっとしますよね。逆もしかり、遅刻しちゃったときはかなり焦ります。まず遅れたことを謝るとして、相手が「しょうがないなぁ」と思う言い訳を考えるのが最善策!

これなら許せるかもしれない、と思う遅刻の言い訳をアンケートで聞いてみました。

【「そんなに怒られないかもしれない」遅刻の言い訳を考えてみましょう】

【1】「本当にごめん!あとで○○おごるから許して」

「ランチの約束をしていた時に、おごるからごめん!って言われた時には許しちゃいました」(25歳・会社員)

「ご飯おごるから!って連絡が来た瞬間に、食べログでお店検索を始めます(笑)。行きたかったお店にしちゃおうかな~なんて探してれば時間も潰せちゃいます」(27歳・会社員)

「食後のデザートまで頼んでやる~!って思うとスッキリします」(23歳・大学院生)

待たされた“お詫び”に、「突然のご褒美が降ってきた!」と許せちゃう人が多かった言い訳。到着を待っている間に、おごってもらう為のお店を調べていれば、待っている時間もあっと言う間に過ぎてしまうので一石二鳥かも?

【2】謝罪+こまやかな進捗連絡

「寝坊した友逹が“1時間くらい遅れる!”と連絡してきてその後も“今、家でました”“電車に乗ったので●分には着きます”と状況を教えてくれた時は、カフェで待ってよ~とか、そろそろ向かおう~と私も行動しやすかったので自然とイライラしなかった」(26歳・会社員)

「だいたいの到着時間を伝えてきた後に、電車に乗ったとか降りたとか、今改札から向かってるとか連絡来たときは、申し訳なさがひしひしと伝わってきたので許せちゃいました」(25歳・会社員)

遅刻相手を待っていると、「あと、どれくらい待ってれば良いの?!」という先が見えない状況であればある程、苛立ちが倍増してしまいます。細かな連絡があれば「あとどれくらい待てるのか」、「30分あるから雑貨でも見てこよう」と有意義に時間を使えるので、まだ許せる、といった意見もありました。

【3】言い訳せず素直に謝罪

「寝坊しました、ごめんなさいと変な言い訳をされなかった時は、もう起きたことだからしょうがないよな、と思えた」(24歳・アパレル店員)

「電車が遅れて、とか乗り換えがうまくいかなくて、とか言い訳されると“そういう事態も考えて行動するのが普通でしょ”とイラっとしてしまうので、言い訳されない方が許せます」(22歳・大学生)

「仕事が終わらなくて、本当にごめん!と素直に謝られた時は、そんなに忙しいなか自分との時間を作ってくれてたんだと思えて、逆に申し訳なく思ってしまった」(26歳・会社員)

どうにか許してもらおうと、納得してもらえるような言い訳を考えても待たされている方はイライラに拍車がかかるだけ! 素直に、そして誠実に謝罪をされると許してしまうと意見もありました。

 

「時は金なり」ということわざがあるように、待っている時間だってタダではありません。でも「なにかをおごってもらえる」というのは、はじめはラッキーと思うけど、のちのち「お金で解決しようとしてる?」と疑いをもたれる可能性も多いので、使用頻度にはかなり要注意です。(やりすぎるとお金もなくなります)

どの方法も、誠実な謝罪があってこその言い訳なので、まずはきちんと謝ることが大切。「うっかり遅刻をしちゃった!」なんて緊急事態の時の参考にしてみてください。(滝元はなえ)

 

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ