これで企画書・プレゼンもばっちり! 社会人が実践している見やすいパワポのコツ8選

2017/3/21 08:00 マイナビ学生の窓口

フレッシャーズ編集部 フレッシャーズ編集部

プレゼンや企画を考えるときに必要なパワーポイント。はじめてパワポで企画書を作る時って、どう作ればいいのかわからなくて困りますよね。一生懸命作っても、読み手み分かりづらいものだと、いくらアイディアがよくても相手にはうまく伝えられません。そこで今回は社会人男女のみなさんに、パワポで企画書を上手に作るコツについて聞いてみました。

■パワポで見やすい企画書を作るためのポイントは何だと思いますか?
●文字を少なくする

・文字を少なく大きく。細かいと分かりにくいので要点だけを載せる(女性/25歳/金融・証券)
・文字はポイントだけにする。文字はできるだけ言葉で話すようにするとよいから(男性/35歳/食品・飲料)
・箇条書きでまとめる。長文が多いと見ていて疲れるし、頭もごちゃごちゃしてくるから(女性/33歳/学校・教育関連)
・文字は少なめでフォントはメイリオ。パワポはシンプルなほうが初めて見る側にとってはわかりやすくて印象にも残りやすいから(男性/50歳以上/不動産)

●色使いに気を配る・無駄に色を使いすぎない。たくさんの色を取り入れると見ていて疲れてしまうかもしれないから(男性/27歳/運輸・倉庫)
・色がきれいだとそれなりに見られる(男性/37歳/学校・教育関連)
・見え方がだいぶ変わるから(女性/30歳/金属・鉄鋼・化学)
・色の組み合わせを工夫する。紺色と黄色はよく目立つ(女性/23歳/金属・鉄鋼・化学)

●シンプルを心がける・情報の制限。なんでも詰め込んでしまうと何が言いたいかわからない(男性/50歳以上/建設・土木)
・技を使わないシンプルな資料。技を使うと、再生でトラブル(男性/50歳以上/自動車関連)
・簡単明瞭、起承転結がわかりやすく、まとめる。印象に残りやすい(男性/50歳以上/その他)
・フォントの種類やイラストなども控えめにシンプルにまとめる。フォントなどがいろいろあったりすると、ごちゃごちゃして、見にくいから(男性/34歳/学校・教育関連)

●図を使う・絵やグラフを多用すること。文字を読んでいる時間はないし、絵やグラフのほうが説得力があるから(男性/47歳/金融・証券)
・図解を多く取り入れる。図によって一瞬で判断できるから(男性/50歳以上/その他)
・写真を多用する。飽きさせないために(男性/33歳/運輸・倉庫)
・グラフは円グラフに固定して、比較を容易にする事。あれこれやってもわずらわしいだけ(男性/50歳以上/運輸・倉庫)

●その他・余白をたくさんとる。文字ばかりだと汚くなるから(女性/28歳/その他)
・動画を多用したら注意された(男性/44歳/その他)
・冗長にならないこと。わかりやすくすることが大事だから(男性/50歳以上/その他)
・視点移動を左から右、上から下に一定方向に。パワポ以前に、スライドなどでも常識的なことなので(男性/50歳以上/電機)

文字ばかりだらだら書かれていると、読む気も失せてしまいますよね。また細かい文字は場所によっては見えないこともあるため、文字サイズは大きめがいいようです。

いかがでしたか? せっかく企画書を書くのだから、最高の出来栄えにしたいですよね。色遣いや図を使うなどの工夫で、一気に見やすい企画書ができあがるかもしれませんよ。読み手に優しい、シンプルな企画書を作ってみてくださいね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年3月
調査人数:社会人男女220人

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ