幽霊を捕まえた人には3万円! 「ランツフートの幽霊騒動」

2017/3/21 14:00 リアルライブ

提供:リアルライブ 提供:リアルライブ

 1935年、ドイツのバイエルン州ランツフート郡にて奇妙な広告が掲載された。

 「幽霊を捕まえた人には懸賞金!」というもの。報酬は50マルクで、現在のアメリカドルだと約330ドル、日本円だと約3万7千円とそこそこの金額になる。

 果たして、なぜこのような広告が掲載されたのだろうか?

 この地域では前年の1934年末から、地元住民達の間で幽霊の目撃例が多発し、人々が怯えていた。噂によれば幽霊は病院の近くにある、見通しが悪く暗い通りに出るとされており、夜間の外出だけでなく昼間も出歩かないようにしようとする人も出てきたのである。そのため、人々の噂を沈静化させるためにこのような広告が出されたものと考えられている。

 人々も、おそらく幽霊を本当に捕まえたり退治できるとは思っていなかっただろう。しかし、幽霊と間違えられたものや、噂の元凶になったものが明らかになれば安心できると考えたに違いない。

 この広告はドイツの他の地域でも注目され、首都ベルリンの新聞にも掲載された。そして、他の国々の新聞にも掲載され、「幽霊退治の広告」として注目を集める結果となったのである。

 さて、懸賞金がかけられ人々の話題となったランツフート郡の幽霊騒動だが、結果がどうなったかは分かっていない。捕まったという話もないため、懸賞金の広告で人々が安心したのか、注目されすぎて逆に熱が冷めてしまったのか。ただ、人々が幽霊に悩まされなくなったことだけは確かなようだ。

文:和田大輔 取材:山口敏太郎事務所

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ