瑛太、ツイッターでドラマ「カルテット」への出演を熱望も思いは届かず…

2017/3/21 10:15 アサジョ

瑛太、ツイッターでドラマ「カルテット」への出演を熱望も思いは届かず… 瑛太、ツイッターでドラマ「カルテット」への出演を熱望も思いは届かず…

 3月14日放送のドラマ「カルテット」(TBS系)が、スタートしてから初めての視聴率2ケタとなる11.0%を獲得した。この日はWBCの日本対キューバ戦が長引いたために50分遅れのオンエアだったが、どうやらそれが功を奏したようだ。

 ファンの間では「視聴率が伸びないことのほうがおかしい」とまで言われてきたこのドラマだが、熱心なファンの1人である俳優の瑛太に対し「チョイ役でいいから出してあげて」「カメオ出演ぐらいならいいじゃん」といった声が続出している。

「瑛太は『カルテット』の初回から第7話まで毎回感想をツイッターに投稿しています。中には『俺、何話に呼ばれるんだろう』と本気で出演を熱望するようなつぶやきまでありました」(テレビ誌ライター)

 瑛太はこのドラマの脚本家である坂元裕二作品に11年の「それでも、生きてゆく」、13年の「最高の離婚」(ともにフジテレビ系)で主演を務め、坂元作品の世界観を醸し出せる俳優の1人であることは証明済みだ。

「俳優としてこのドラマに出演したかったのは確かでしょう。『カルテット』開始当時には松田龍平演じる別府司の役は『瑛太でもよかったのでは』と一部で言われていましたから、悔しさもあるのでは」(前出・テレビ誌ライター)

 瑛太の気持ちはドラマファンには確実に届いているようだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ