花粉の季節到来!マスクをつけてもメイク崩れさせない方法とは

2017/3/10 06:00 美beaute

花粉の季節到来!マスクをつけてもメイク崩れさせない方法とは 花粉の季節到来!マスクをつけてもメイク崩れさせない方法とは

マスクで化粧崩れ…メイク前にすること

花粉症によって肌の調子も悪くなる上に、マスクとの摩擦で余計に肌に負担がかかりますよね。メイク前には必ずスキンケアをして少しでも負担を和らげましょう。
花粉症の季節に選ぶスキンケア用品は低刺激と高保湿のもの。肌のバリアを高めるには保湿が一番の近道です。

【メイク前の保湿】
1.たっぷりの泡で洗顔
2.高保湿の化粧水を手のひらで温めてから顔につける
3.乾燥する部分、特に口元や鼻の周りは二度づけする
4.乳液を手のひらで温めてから優しくつける

メイク前にはこの4点をおこなって下さいね。

マスクで化粧崩れをしにくいメイク方法

メイク前の保湿が終わったら、メイクに取り掛かりましょう。花粉症の時こそメイクをした方が、アレルゲンである花粉が直接顔につくことを防げます。しかし、肌が敏感になっている分、普段と同じメイクをしていたとしても肌荒れが悪化することも…。薄づきのメイクが基本です。

【ファンデーション】
BBクリームがオススメです。薄くつけます。パウダータイプは乾燥するので、保湿を必要としている肌には不向きです。赤身を隠したいときは黄色や緑色のコンシーラーを少し塗ってぼやかすと自然に仕上がります。
【アイメイク】
目をこすってしまったり、涙が出るのでアイラインを引くのは難しいです。アイホールにクリーム状のアイシャドウを入れて、ウォータープルーフのマスカラをつけると良いですね。

せっかくだから抜け感メイクに挑戦!

薄づきのメイクになるということで、流行りの抜け感メイクに挑戦してみるのも良いですね。
【アイメイク】
ラインを引かず、ブラウンやカーキのアイシャドウを薄く入れます。
【眉毛】
眉尻を離し、いつもよりも眉頭を下にずらしてブラウンのアイブロウを薄くつけます。困り顔の眉をイメージして描いてみて下さい。自眉が濃い方はコンシーラーで眉毛を消してから薄く描くか、ブラウンの眉マスカラだけで仕上げましょう。
【リップ】
唇はマスクをしていて見えないので、保湿効果の高いリップをつけましょう。

マスクをしている時に見える眉毛と目を抜け感のある優しい印象にできると良いですね。
メイクが落ちにくいマスクなども販売されているので、うまく使って憂鬱な時期を乗り越えましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ