“プレ金”早く帰れた人は3.7%。否定派は7割「すべての職業に当てはまらないから」

2017/3/3 17:43 日刊SPA!

(日刊SPA!) (日刊SPA!)

 世間で大きく騒がれた2月24日の「プレミアムフライデー」初実施。あれから約一週間。実際のところサラリーマンたちはどうだったのか。政府の狙いとは異なる結果が出た。

◆2月24日に早く帰れた人はわずか3.7%

 市場調査会社インテージの調べによると、京浜エリア(東京・埼玉・神奈川・千葉)在住の有職者2235名を対象に行った事後調査では、実際に早く帰れた人はわずか3.7%だったことが判明。

 ちなみに2月上旬(2月3〜6日)の事前調査では「職場で実施・奨励されていることが決まっている」割合は2.5%だったという。

【分析結果】
・職場でプレミアムフライデーが実施された人は2.8%、奨励は7.7%
・実施・奨励の割合は企業規模に比例。『500人未満』では9割以上が実施・奨励されず
・実際に早く帰った人は有職者の3.7%(インテージ調べ)
 企業規模別の分析結果では、従業員数1000人以上の会社に務めている人は5.8%が職場でプレミアムフライデーが実施、18.3%が奨励されたという結果だった。

 一方で、企業規模100人未満、または100〜499人のところでは9割以上が「実施・奨励されなかった」と回答。

 要するに、現時点ではプレミアムフライデーの実態として、大企業に務めている人以外にとってはほとんど無関係なイベントといえる。

 それだけではない。むしろプレミアムフライデーの加熱報道によって、多くのサラリーマンたちをイラつかせているのだ。アプリ制作会社に勤務するエンジニアのHさん(20代後半)はこのように憤る。

「プレミアムフライデーで遊べるのなんて、下請けに仕事を丸投げできる上流行程にいる大手だけでしょ。彼らが早く帰りたいがために、こっちには中途半端な発注書がテキトーに送られてきた。内容を確認しようと思っても遊んでいる最中なのか連絡がつかない。こっちにとってはツラい以外のなにものでもないイベントですね」

 とはいえ、実施・奨励された企業においてもほとんどの人にとっては厳しい現実がある。

◆実施・奨励されるも「仕事が終わらずに帰れない」

 職場でプレミアムフライデーが実施・奨励された人に対し、「早く帰るつもりがあったのか」という意識と、「実際に帰ったのか」という行動についての調査では、早く帰るつもりがあった人は47.6%。早く帰るつもりもなかった人は52.4%。

 さらに、行動を掛け合わせて見れば、「早く帰るつもりがなく、早く帰らなかった」(45.8%)という人が最も多く、次いで「早く帰るつもりで早く帰った」(31.3%)。

 一方で、「早く帰るつもりだったが、早く帰らなかった」という人が16.3%もいる。それはなぜなのか……。

 その理由について、9割が「仕事が終わらなかった」と回答。そのほか、「後日仕事のシワ寄せがくる気がしたから」「職場の周囲の目が気になったから」という声があがるなど、“その後”を心配する人が多数いたという。

 いかにも日本人らしい考え方だが、現実としては、“帰りたくても帰れない”ことがうかがえる。

「早く帰るつもりがなく、早く帰らなかった」と答えた人でも、仕事が終わらなかった人が6割で最も多かったものの、「プレミマムフライデーを特に意識していなかった」人が3割みられたとのこと。

 プレミアムフライデーを実施した企業でも、そう甘くもないようだ。

◆“プレ金”否定派の7割が「すべての職業・業種の人が早く帰れるわけではないから」

 都内の小さな保険代理店で働くAさん(30代)は「プレミアムフライデー? そんなの関係ないでしょ」と嘆く。雑誌の編集プロダクションで働くFさん(30代)も同様の意見だ。

「もちろん、早く帰ることができれば嬉しいです。でも業界全体の体質もありますが、うちの会社でプレミアムフライデーが導入されることはないでしょう。ぶっちゃけどうでもいいですね」

 プレミアムフライデーを迎えてみて、賛否両論あることは事実だ。インテージの調べによると、否定派の7割以上の意見が「すべての職業・業種の人が早く帰れるわけではない」ことを理由に挙げており、むしろ自分とは関係のないものとして見ているようだった。

 プレミアムフライデーが定着するのはいつ? <取材・文/山田門八 出典/インテージ調べ>

※株式会社インテージのネットリサーチによる自主企画調査データ
調査地域:京浜エリア(一都三県:東京、神奈川、千葉、埼玉)
対象者条件:以下の条件を満たす20-59 歳の有職
※男女 ※1日7時間以上勤務者
・事前調査(2017年2月3日~6日)でプレミアムフライデーを「知っている」と回答者
・勤務先でプレミアムフライデーを「推奨・実施することが決まっている」または「わからない」と回答者
・2月24日(金)に出勤者
ウェイトバック:性年代別の有職者の構成比にあわせてウェイトバック集計
標本サイズ:2235s
調査実施時期:2017年2月24日(金)~2017年2月27日(月)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ