ジャニーズの屋台骨になった「嵐」 SMAPにない強みと課題

2017/1/12 12:06 日刊ゲンダイ

写真はジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ 写真はジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

 芸能ニュースは複雑な人間同士の絡み合いがあるほど関心度は高くなり、報道する頻度も増す。不倫はその典型だが、その不倫を吹き飛ばすほどの“ドロドロ”とした印象を与えてしまったのが昨年のSMAP解散劇だった。それは終止符になった大晦日も変わることはなかった。

 一般社会なら、「長い間、お疲れさまでした」と社が音頭を取りSMAPとしての送別会が自然。それもなかっただけに、「メンバーだけでお疲れ会を」というのも道理。六本木の焼き肉屋で送別会を行っていた。メンバー結成から数えれば28年。苦楽を共にした話は尽きなかったはず。だが、報じた週刊誌によれば、木村拓哉の姿はなく元メンバーの森且行の姿があったという。木村に声をかけたか否かは定かではないが、木村の欠席は中居正広ら他のメンバーとのミゾの深さを改めて浮き彫りにした感がある。

「事務所が送別会に反対していた」という話もあり、ならば木村の欠席もうなずけるが、こんな話を昔からよく聞く。

「ジャニーズは冠婚葬祭を派手にしない事務所。所属タレントの結婚もこれまで誰一人、派手に結婚披露宴をした人はいないように。事務所創設50周年という記念すべき年を迎えた時も、仕事関係者を招いての創設パーティーをやらなかったほどですから、事務所としてSMAPのお疲れ会をやらなかったのもわかる」(芸能関係者)

 消化不良に終わったSMAPの解散。代わって事務所の屋台骨になったのが「嵐」。同じ5人ならば個々の活動も活発。司会からドラマと個性に合わせて活躍の場を広げている。仲の悪さがクローズアップされたSMAPとは対照的に仲がいい。普段からメンバーの交流も明かし、仲の良さは冠番組からも伝わってくる。ジャニーズOBは、「SMAPはピーク当時、突出した人気のあった木村がいたことで、グループのバランスが崩れがちだった。嵐には突出した人気者がいない。全員、同レベル。不公平感がないことがグループの結束を固くした一因」と分析する。

 課題はこれから。すでに30代のメンバー。SMAPの解散劇を目の当たりにして、今後の方針を決定づけるスタート元年という捉え方もできる。今年は個々のドラマや映画がすでに決定するなどグループ以外の活動はさらに活発化。嵐の動向も注目されることになる。
(二田一比古・ジャーナリスト)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント788

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ