山咲トオルがTVから消えた理由、一時はオネエキャラで売れっ子に。

2016/3/25 07:00 ナリナリドットコム

2000年前後にテレビのバラエティ番組などで活躍したマンガ家の山咲トオル(46歳)が、3月24日に放送されたバラエティ番組「ヨソで言わんとい亭」(テレビ東京系)に出演。テレビから消えたワケを自ら語った。

マツコ・デラックスやミッツ・マングローブ、はるな愛、KABA.ちゃんら、今でこそテレビで見ない日はないほど活躍しているオネエタレントたち。しかし、山咲がテレビに出始めた頃はまだ“オネエタレント”という言葉もなく、バラエティタレント的な立ち位置で先行して出ていた人はそう多くはなかったという。

山咲はもともと、アイドルになりたくて高校卒業後に沖縄から上京。オーディションに落ち続け、「24歳まで、200以上のオーディションを受けた」がすべてダメだった。しかし、「芸能界は諦めよう」と思いながら立ち寄ったコンビニで運命が激変する。たまたま置いてあったホラー雑誌を見て、「自分にも描けるのでは?」と感じ、24歳でマンガ家への転身を決意。その後、マンガを描いていたら雑誌で顔出しの悩み事相談コーナーをやることになり、それがきっかけで現在の事務所にスカウトされ、31歳のときにかつての夢だった芸能界デビューを果たした。

そこからは飛ぶ鳥を落とす勢いで売れっ子タレントとなったが、芸能生活も3年目に入ったあたりから「オネエキャラだから何か面白いことを言うのは当たり前」という前提で番組に呼ばれることに悩むようになった。そしてあるとき、ひな壇トークが展開されている中で、山咲が発言したあとシーンとなって流れを止めてしまったことがあり、「あそこらへんから、ちょっと葛藤が…私はヤバい、と」。

また、新たなオネエタレントたちが現れるようになり、毒舌を吐くわけでもない山咲は前へ前へとは行けず、「ただテレビの画面でチラッと映ってニコって笑ってるだけの自分が、つらい、というか(スタッフやプロダクションに)迷惑をかけてるな」と感じてしまい、マネージャーに相談。そこから丸3年、自らの意思でタレント活動を休業したという。

そうした経緯でテレビから“消えた”わけだが、3年間も休んでいると貯金残高がみるみる減り、マネージャーに「お金がなくなってる。お仕事ください」と言ったものの時すでに遅し。テレビの世界は「すでに(オネエタレントが)満席になるくらい…」の状況で、入る余地がなくなってしまったそうだ。

山咲は一連の過去について「生意気なことを言っていたんだなって、今、46歳になったら思う」と振り返った。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント14

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ