「笑っていいとも!」を1日に2回見ることは可能か?

2013/3/19 19:10 ネタりか自由帳

「笑っていいとも!」を1日に2回見ることは可能か? 「笑っていいとも!」を1日に2回見ることは可能か?

Androidを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第41回は、乗換案内アプリを使って、都市伝説の証明に挑みます。

乗換案内 ※Android版

乗換案内 ※iPhone版

Jorudan Co.,Ltd.

無料


―その日、セブ山はのんきに昼間から飲んでいた。

12:00

「いや~、平日の昼間から酒を飲む背徳感! たまりませんなぁ~!」

「ックハァ~! 染みる~! 体中に染みわたる~!」

「その流れで、ポテトサラダもいっちゃおうかな? あ~ん」

「んまいっ! ポテサラがうまい店はハズレなしの大正解ですな! ガハハ!」

―と上機嫌のセブ山であったが、ここであることに気付く。

「……あれ?」

「しまった! 平日の昼間だから『笑っていいとも!』を放送してんじゃん! 今日は俺が大好きなあの人がテレフォンショッキングに出るから録画予約しようと思っていたのに、忘れてた!!」

「あ、そんなこと言っている間にテレフォンショッキングが始まったぞ! もう仕方がないから、この居酒屋で見ていこう!(そーですね!)」

「おおっと! 出ました! 本日のゲストは、俺の大好きな阿川佐和子さん!!」

※セブ山は生粋の熟女好きです。

「お、佐和子、新しい書籍を出したんだ! 『正義のセ』っていう小説か。きっとおもしろいんだろうな! これは買いだな!」

「は~、それにしても今日もお美しいなぁ。知的で、上品で、最高の女性だ。俺もタックルされた~い!」

※セブ山はバカなので「TVタックル」は出演者同士でタックルし合う番組だと思っています。

―しかし、そんな夢のような時間もあっという間に過ぎて……。

「え~~~! もう明日のゲストに電話しちゃうの~!? 早いよ~! もっと佐和子を見ていたかったのに~!! タモさん、頼むよ~!! まあ、いいか、帰って録画しておいたやつをもう一回見れば……」

「って、そういえば録画するのを忘れてたんだー!! 神回なのに、録画を忘れるなんて俺はバカだー! バカバカバカー!! できることなら時間を戻したーい!!」

「はっ!! そういえば、『笑っていいとも!』に関するこんな都市伝説を聞いたことがあるぞ……」

【都市伝説】

青森県では「笑っていいとも!」がお昼ではなく、

夕方に放送されている。

「もし、このウワサが本当だとしたら、1日に2回『笑っていいとも!』を見ることが可能だよな……」

「いやいや、都市伝説は所詮、都市伝説だ。そんなわけがない。お昼休みはウキウキウォッチングと歌っている番組が、夕方に放送されているなんて……。でも一応、乗換案内アプリで今から青森に向かったら、何時に着くのか調べてみよう」

「なんてこった!! 今から青森に向かえば夕方には着く!! もし、本当に青森県で笑っていいともが夕方から放送されているとしたら、間に合うぞ!!」

「というわけで、今からイチかバチか青森県に向かいます! 13:02上野駅発の新幹線に飛び乗ります!」

―このときのことをセブ山は、のちに「考えるよりも先に体が動いた。もう一度、佐和子に会いたい。ただ、それだけが頭の中で何度もリフレインしていた」と語っている。

13:00

「これだ! 13:02発の新青森行き新幹線、はやて!」

「待って! 待って! 乗ります乗りま~す!」

13:02(上野駅・出発)

「ふぅー。なんとか間に合ったぞ。あとは、本当に青森県で夕方に『笑っていいとも!』が放送されていることを祈るのみだ……」

「神様、どうかお願いします。 青森県では夕方に『笑っていいとも!』を放送していてください。そして、また佐和子に会わせてください。お願いします……」

「よし! 青森県に着くまで時間がたくさんあるから、新幹線に飛び乗る前に買っておいたコレを読もう!」

「阿川佐和子の新刊『正義のセ』!」

「青森に着くまでの3時間半の間に読破するぞ!」

14:00

「ふむふむ、なかなかおもしろいな」

15:00

「えー! こんな展開、あり!? ハラハラドキドキする!!」

16:00

「くぅ~、泣かせるねぇ~! ガラにもなく感動しちゃったよ! これは名作だ!!」

―そうこうしているうちに、車窓から見える景色はどんどん雪化粧をはじめ、ついに……。

16:33(青森県・到着)

「よっしゃ! ついに新青森駅に着いたぞ! 早くどこかテレビが見られる場所に移動しないと! 正確な放送開始時間はわからないけど、もう夕方だし、もしかすると、もう始まっているのかもしれない!」

「とりあえずタクシーに乗ろう! 俺に残された時間はあまりない!」

「えー!! ちょっと待って!! 新青森駅を出たら、一面、銀世界じゃん!! タクシー乗り場どこー!!」

「えっ!! この雪山の先!? 嘘でしょ!?」

「何の準備もしないで、いきなり新幹線に飛び乗ったから普通のスニーカーだし! 雪上だとつるつる滑る!! 怖い!!」

「はぁはぁはぁ、ようやくタクシーを見つけたぞ! まさか、『笑っていいとも!』を見るためにこんなに苦労するなんて……」

運転手「お客さん、どつまで?」(お客さん、どちらまで?)

セブ山「とにかく、テレビが見られるところへ行ってください!」

運転手「はいぃ~?」(はい?)

セブ山「テレビが見られるところです! 急いでるんです! お願いします!」

運転手「あんれま、お客さん、東京から来たっぺか? 都会のひとはせっかちだかんね」(おや、お客さんは東京から来たのですか? 都会のかたはせっかちですね。)

セブ山「いいから早く!」

運転手「はいな、はいな~」(了解しました)

※方言はセブ山の勝手なイメージです。セブ山には津軽弁がこう聞こえたそうです。

運転手「そんたら、あっこのマンガ喫茶とかはどうだっぺ?」(それでは、あそこのマンガ喫茶はどうですか?)

セブ山「あ、なるほど! そこならテレビがある! あそこにお願いします!」

運転手「ほれ、着いたんぞ」(はい、着きました)

セブ山「ありがとうございます! 助かりました!」

運転手「お客さん、走ったんら危ねえど~! ほんに都会のひとはせっかちだんね~」(お客さん、走ったら危ないですよ。 本当に都会のかたはせっかちですね)

漫画喫茶・店員「いんらっしゃいまんせ~」(いらっしゃいませ)

セブ山「テレビが見られる個室、1名でお願いします!」

漫画喫茶・店員「きんつぇんせんぎにしますか? きんえんせんぎにしますか?」(喫煙席にしますか? 禁煙席にしますか?)

セブ山「え?」

漫画喫茶・店員「きんつぇんにしますか? きんえんにしますか?」(喫煙席にしますか? 禁煙席にしますか?)

セブ山「何て言ってるのかわからない! 何でもいいので1部屋お願いします!」

漫画喫茶・店員「ほんだら、きんつぇんせんぎにだぁんないしまんず」(それでは、喫煙席にご案内します)

※もう一度言いますが、方言はセブ山の勝手なイメージです。セブ山には津軽弁がこう聞こえたそうです。

16:45

「はぁはぁはぁ、東京を出発して約3時間30分! ようやく、青森県の漫画喫茶に到着したぞ!」

「頼む! ここまで苦労して来たんだから、『笑っていいとも!』を放送していてくれ!」

「よし……テレビを……つけるぞ!!」

ピッ!

パッ

「こ、これは!?」

タモさん「髪、切った?」

「間違いない!!  『笑っていいとも!』だーーー!!!!!!」

「やったー!! 都市伝説は本当だったんだ!!」

「いや、でも、安心するのはまだ早いぞ! もしかしたら、これは1日遅れとかで放送しているのかもしれない! テレフォンショッキングが始まるまで油断できないぞ!」

17:00

「あ、テレフォンショッキングが始まった! 青森では、ちょうど夕方5時からテレフォンショッキングが始まるんだな」

「あ! ゲストは阿川佐和子だ! ということはやっぱり、これはお昼に東京で見た『笑っていいとも!』と同じ放送内容だ!!」

「あ、佐和子の新刊書『正義のセ』の告知をまたやっている!」

「今日のお昼の時点では、まだ読んでなかったけど、今はもうすでに読んでいるよ! だって、移動時間で読破したからね! 1日に2回『笑っていいとも!』を見たら、こういうことも可能なんだね!」

「佐和子、わかったかい? ”正義のセ”は、セブ山のセでもあるんだよ。僕たちはいつも一緒だよ。へへへ……」

というわけで……。

【調査結果】
「笑っていいとも!」を
1日に2回見ることは……

 

 

可能!!

青森県では、なぜか「笑っていいとも!」が夕方の16:45から放送されていました。上野駅から放送終了後すぐに新青森駅近くの漫画喫茶に飛び込めば、1日に2回、「笑っていいとも!」をリアルタイムで視聴することが可能です(もちろん、ダイヤの乱れがあった場合はその限りではありませんが)。

もし、あなたが大好きなタレントがゲスト出演するテレフォンショッキングを見逃してしまった時は、ぜひこの方法を使ってください!

ただし、交通費は往復で
約35,000円かかりますが。

撮影日:2013年3月1日

(セブ山@sebuyama/ノオト)

セブ山(Twitter:@sebuyama)+有限会社ノオト(外部サイト)

フリーのライター。平日毎日更新の ウェブマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ