絶対に女の子と一緒に写真が撮れる「ソフマップのコスプレ」を発明した男の物語

2014/9/9 19:39 ネタりか自由帳

絶対に女の子と一緒に写真が撮れる「ソフマップのコスプレ」を発明した男の物語 絶対に女の子と一緒に写真が撮れる「ソフマップのコスプレ」を発明した男の物語

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第112回は、不純な動機でコスプレに挑戦してみます。

コミマップ ※Android版

コミマップ ※iPhone版

roana

無料

 

「女の子をもっと近くで見たい」

そんな壮大な夢を叶えるため、ひとりの男が頭を悩ませていた……。

彼の名前は、セブ山。

女の子を間近で舐めるように見たい。しかし、俺はモテない。一体、どうしたらいいんだ……?

そんな答えの見えない難問に挑む、無謀な(そして勇敢な)挑戦者であった。

そんな彼のカラダも心も、限界に近づいてきた。

女の子を合法的にじろじろ観察したい。できればお金がかからない方法で」という課題は、24時間、彼を追い詰め、日常生活すべてを浸食していたのである。

のちに彼は、「先の見えない闇を彷徨っているような感覚だった」と語っている。

その闇は、永遠に続くかのように思われた。

しかし、多くの天才たちがそうだったように、彼にもまた、ひらめきは何の前触れもなく、突然やってきた。

鮮烈に、はっきりと、雷鳴の如く、彼の脳内に以下のイメージが浮かび上がったという……。

Yahoo!ショッピング「SAC ソフマップオリジナル ショーケース」

セブ山「そうだ! ソフマップだ! ソフマップの壁になればいいんだ!

男性諸君は、すでにピンと来ているかもしれないが、念のため、「ソフマップのパネル」について解説しておこう。

Yahoo! 画像検索「ソフマップ グラビア」

ソフマップの壁とは、家電量販店「ソフマップ」のロゴを並べたパネルのこと。

グラビアアイドルがDVD発売イベントなどを行う際に、そのパネルの前で撮影することが多く、インターネットにおいて、グラビアアイドルの画像の半分は、ソフマップのパネルの前で撮影されたものだと言っても過言ではない。

要するに、「ソフマップの壁」と「女の子」はワンセットなのだ。

そんなソフマップのパネルに、「自分自身がなる」とは一体どういう意味なのだろうか?

彼の理論はこうだ。

「“アイドルなどかわいい女の子たちには、ソフマップの壁の前に集まる習性がある”と仮定した場合、自分自身がソフマップのパネルになれば、本物のソフマップのパネルと勘違いした女の子たちが、自分に近寄ってくるのではないか? そして、間近で舐めるようにジロジロ観察することができるのではないか?

穴のない完璧な理論だ。

「ソフマップのパネルと女の子は常にワンセットである」という前提をうまく利用した秀逸なアイデアである。

しかし、ひとつ問題が……。

セブ山「う~ん、でも、実際にやるとなったら、ソフマップのロゴを勝手に使うわけにもいかないし、ちゃんと許可を取らないといけないよなぁ……

そう、いくらインターネット上で大量に出回っているパネルとはいえ、れっきとした企業ロゴ。

それを無断で使用するわけにはいかない。

けれど、万が一のこともあるし、ダメで元々、当たって砕けろの精神で、一応、念のため、ソフマップに電話をしてみることに……。

セブ山「(プルルルル…プルルルル……)」

ソフマップ「(ガチャ)お電話ありがとうございます。ソフマップです」

セブ山「あっ、どうも、えっと、ちょっとお伺いしたいことがあってお電話させていただきました」

ソフマップ「はい、どのようなご用件でしょうか?」

セブ山「あのぉ……ソフマップさんの壁のコスプレをコミケでやらせていただきたいと考えておりまして……」

ソフマップ「はいはい」

セブ山「つきましては、ロゴの使用の許可をいただきたいのですが……」

ソフマップ「いいですよ

セブ山「ですよね……ダメですよね……」

ソフマップ「使っていいですよ

セブ山「お忙しいところ、すみませんでした……」

ソフマップ「いや、だから、使っていいですって

セブ山「また機会がありましたら、よろしくおね……」

セブ山「えっ!?」

ソフマップ「ロゴの使用、いいですよ

セブ山「えっ、公認でやらせていただけるんですか!?」

ソフマップ「はい、おもしろそうなのでご協力しますよ。ロゴの画像データをお送りしますね」

セブ山「ええええええええええぇぇぇぇっ!?」

セブ山「OKもらえちゃった……

というわけで!
懐の深いソフマップさんのご協力により!

ソフマップのコスプレ、実現~!!!!

今回は、コスプレをしていても違和感がないように「コミックマーケット(通称・コミケ)」のコスプレエリアにやってきました!

コミケは初参戦だったので、アプリ「コミマップ」が重宝しました。

セブ山「よ~し! これで待っていれば、きっと女の子が僕の前に集まってくるはず!!!!

その後、しばらく待っているとカメラ小僧(通称・カメコ)のみなさんが集まって来てくれました。

「すごい! ソフマップのパネルだ!」

「あはは、撮ってもいいですか?」

よかった……、ウケてるぞ……、でも……、

セブ山「女の子に近寄って来てもらいたいんだけどなぁ…

とカメコさんたちに失礼なことを考えていると……

せっかくだから、ソフマップのパネルの前に女の子が立っている写真を撮りたいなぁ。よし、誰か連れてきますよ!

なんと、カメコさんたちが協力して、女の子を連れて来てくれることに!

うおー! ありがとうございます! 失礼なことを考えてすみませんでした!

そして、その後……、

セブ山「うひょ~~~!!!!」

セブ山「本当にぃ~~~~~~!!!!」

セブ山「女の子たちが集まって来てくれたぁ~~~~~~!!!!」

一度、女の子たちが集まりだすと、あとは「あっちにソフマップのコスプレの人がいたよ」「なにそれ! おもしろそうだから行ってみよっと♪」と評判が評判を呼び、続々と女の子たちが撮影しに来てくれました!

うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!! マジで最高だあああああ!!!! これは大発明だあああああああ!!!!

ちょうど女の子のおっぱいの位置に顔が~~~!!!! 最高の最高の最高~~~!

舐めるように観察するだけでは我慢できなくなったので、実際にベロを伸ばして舐めようとしたけど、さすがに無理だなぁ……、まだまだ改良の余地があるな……

「でも、よくよく考えたら、これってドリフの『変なおじさん』とまったく同じメカニズムだなぁ。マジ『だっふんだ』だわ」

といった感じで、当初の目的の通り、合法的に女の子たちを間近で見ることに成功しました。

気が付けば、いつの間にか周囲には人だかりが。

おかげさまで大盛況でした。

セブ山「はぁ~、最高だぁ~~……、こんな間近で女の子を見れるなんて……、ソフマップ様のおかげだ~! ソフマップ様、ありがとう~!!!!

というわけで、
ソフマップのコスプレ大成功!

こうして、“「ソフマップ」に擬態することにより、本物の「ソフマップ」のパネルだと思って近寄ってきた女の子を間近で舐めるように観察できるのではないか?”という仮説が証明されました!

やったぜ!

以下、ソフマップのコスプレをしていて発見したことがあったのでまとめておきます。

 

■映り込みを気にしなくていい

コミケでコスプレイヤーさんを撮影する時に気をつけないといけないのは、「コスプレ写真をネットにアップする際は、背景に写り込んでしまった人々の顔には、モザイク加工をしないといけない」という暗黙のルールです。

しかし、ソフマップのコスプレは、そもそもが「背景」なので、写り込みを気にする必要がありません

極端な話、コスプレイヤーさんと僕の許可さえもらえれば、その場ですぐにネットにアップすることができます。

これは、TwitterやFacebookなどでコミケをリアルタイムにレポートしたい方々に喜ばれました。

また、後日、ブログに写真を掲載する際も、画像加工の手間が省けたと喜びのメールもいただきました。

 

■ローアングラーから守れる

ローアングラーとは、低い位置(ローアングル)からコスプレイヤーさんのスカートの中を狙う輩のことです。

昨今のコミケでは、こういった不届者たちが問題視されています。

正面からのローアングラーなら「やめてください!」で制止できますが、後ろからこっそり撮られた場合は、どうしようもありません。

このように、スカートが短いキャラクターのコスプレをしたいコスプレイヤーさんの悩みの種でした。

しかし、ソフマップのコスプレの前に立って撮影すれば、そんなローアングラーから完璧に守ることができます

「これで安心してコスプレができます」と女性コスプレイヤーのみなさまからご好評いただけました。

ローアングラー、ダメ! 絶対!(まあ、「ソフマップのコスプレをすれば、合法的に女の子を間近で見られる!」と考えた僕がいうのも何ですが……)

 

■カメコのみなさんはすごく優しかった

僕が参加した日は、めちゃくちゃ暑くて、汗だくになりながらコスプレをしていたのですが、そんな僕に、カメコのみなさんが「大丈夫ですか?」「疲れたら休んだ方がいいよ!」と優しい声をかけてくれました。

さらに、汗だくの僕を見て、ドリンクや熱中症対策の塩アメなど、差し入れをたくさんくれたんです。

どうしてもコスプレイヤーさんの活躍ばかりが目立ってしまいますが、その陰には、心優しいカメコのみなさんがいるんだなと気づきました。

どうしても悪い部分(ローアングラーなど)ばかりに目が行ってしまいがちですが、それはほんの一部で、カメコのみなさんは礼儀正しく、きちんとルールを守る素晴らしい方々ばかりでした。

コスプレ界では、当たり前の話なのかもしれませんが、今回、初めてコミケに参加した僕にとってはとても感動的だったので、書かせていただきました。

差し入れをくださったみなさま、本当にありがとうございました!

というわけで、最初は不純な動機ではじめた「ソフマップのコスプレ」でしたが、初めてコミケのコスプレブースに参加して、いろんなことに気づかされました。

僕のような新参者は白い目で見られるかな……、とビビっていましたが、実際はその逆で、温かく受け入れてくださり、「おもしろいですね!」とソフマップのコスプレを一緒に楽しんでくれていました。

なんだかコスプレにハマりそうです。

また冬コミにも参加しようと思います!

以上、コミックマーケット86の参加レポートでした。

撮影日:2014年8月16日

※この記事はYahoo! スマホガイド内「スマホの川流れ」コーナーにて配信された記事を再掲したものです

 

セブ山(Twitter:@sebuyama)+有限会社ノオト

フリーのライター。平日毎日更新の ウェブマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ