スマホのロックを自動で解除するマシンを作ってみた

2014/10/7 18:31 ネタりか自由帳

スマホのロックを自動で解除するマシンを作ってみた スマホのロックを自動で解除するマシンを作ってみた

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第115回は、面倒なスマートフォンのロック解除を、自動的に行ってくれるマシンを作ります。

どうも初めまして。マンスーンです。

日々の生活に欠かせないものになっているスマホですが、私には一つだけ気になる点があります。

それは

ロック解除が面倒くさい!!!!

使うたびにボタンを押して、画面をスワイプするのが面倒くさいのです。

いったい人は死ぬまでに何度ボタンを押して画面をスワイプするのでしょうか?

そこで、なんとかしてこの面倒くささを解消するために、ロック解除を自動化してみたいと思います。

 

■「ロック解除」に必要な動作

まずは、ロック解除に至るためのプロセスを考えてみましょう。

ステップ1:スリープボタンを押す

ステップ2:画面を右にスワイプする

必ずではありませんが、大体どのスマホでもこの2つの工程が必要です。

そこで、この“押す”“画面をスワイプする”という動きをする機械を作ってみました。

 

■自動ロック解除マシンその1

用意するもの。

プレイステーション(プレステ)2。

そして扇風機です。

この2つの機械を使ってロック解除を自動化させます。

まずは、プレステ2のディスクトレーの動きでスマホのボタンを“押し”ます。

(ウィーーン)

ディスクトレーが飛び出してくるこの動きです。

次にスマホの画面を操作できるタッチペンを用意。

ダンボールで作った棒に取り付けます。

そして扇風機の羽根にそれを貼り付けます。

見た目はアレですが……。

羽根の回転を利用して、自動スワイプができます。

そしてプレステ2と扇風機とスマホをセットして……、

スイッチオン!!!!!

……。 ダメだ、これ……。

■自動ロック解除マシンその2

プレステ2と扇風機ではダメだったので、ちゃんと1からマシンを作ろうと思います。

まず、スリープボタンを押す機構を作ります。

モーターやらをいろいろと組み合わせて……、

できました。

次に画面をスワイプする機構です。 画面を押す機構とほぼ同じですが、少し角度が付くようにしました。

先っぽにタッチペンを付けるとこんな感じに。

……さっきから同じような写真が続いていますが、大丈夫ですか? みなさん、ついてきてくれていますか?

今、あなたが見ているのはただのガラクタではないですよ!世紀の大発明誕生の瞬間を目撃しているんですよ!!!!

そんなこんなで、2つの機構の間にスマホケースを設置すれば……

 

自動ロック解除マシン、完成!!!!

これでついに、あの面倒くさいロック解除が自動でできる!!もうボタンを押さなくてもいいし、画面をスワイプしなくてもいいんだ~!!

いざスイッチオン!!!

やったー!!

自動でスリープボタンを押している!!

自動でスワイプしている!!!!

自動でスワイプしているけれど!!!!

【結論】
スマホのロック解除は
自分でやったほうがいい!

それくらい自分でやりましょう。

撮影日:2014年9月10日

※この記事はYahoo! スマホガイド内「スマホの川流れ」コーナーにて配信された記事を再掲したものです

 

マンスーン(Twitter:@mansooon)

ハイエナズクラブ」(外部サイト)や「オモコロ」(外部サイト)で記事を書いています。理系大学出身をまったく生かせていない低い技術力で役に立たない電子工作をしたり、B級映画のVHSテープを収集したりしています。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ