朝食の女王”サラベス”は、30歳・貧乏・非モテにも優雅な朝食を提供してくれるのか?

2013/5/21 16:53 ネタりか自由帳

朝食の女王"サラベス"は、30歳・貧乏・非モテにも優雅な朝食を提供してくれるのか? 朝食の女王"サラベス"は、30歳・貧乏・非モテにも優雅な朝食を提供してくれるのか?

Androidを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第49回は、毎日の朝食を記録・共有できるアプリ「デキる男の朝食」を使用します。

デキる男の朝食 ※Android版
現在このアプリはアプリマーケットでの配信を停止しています。

SOLARE Hotels & Resorts Co., Ltd.

無料

みなさんは毎日、朝食をしっかり食べていますか? 健康的な一日を送るためにも、朝ごはんをきっちりとりたいですよね。

しかし、朝は何かと忙しいもの。時間を少しでも確保するために朝食を抜く人が多いのも事実です。

そこで今回、ご紹介したいアプリがこちらの「デキる男の朝食」です。

「デキる男の朝食」は、毎日の朝食を記録し、Facebookに共有できるアプリ。しかも、投稿した写真から自動的にカロリーも計算してくれます。

これなら、「Facebookでつながっている友だちに見られている」という意識が芽生え、毎朝、きちんと朝食をとるように改善されるはずです!

さっそく、僕も使ってみることにしました!

う~ん。でも、いつも食べているような質素な食事(お金がないから食パン一枚)だとなんだか恥ずかしい……。

どうせFacebookに共有するのなら、見栄をはって豪華な食事を友だちに見せびらかしたい!

「むにゃむにゃ……」

「ふぁ~~~~~~」

というわけで、今もっとも優雅な朝食を食べられるお店である「サラベス」に行くことにしました! これなら友だちにも羨ましがられるはず!

「サラベス」は、レストラン格付けガイドブック「ザガット・サーベイ」で、「ニューヨークNO.1デザートレストラン」、「ニューヨークでブランチを食べたいレストラン」に選出された、まさに”朝食の女王“と呼ばれるにふさわしい名店です。

そんな「サラベス」の日本1号店が最近、新宿にオープンしました。しかし、大人気すぎてオープンから数カ月たった今でも、朝8時から並ばないと午前中に入店することはほぼ不可能なんだとか。

「いやいや、お昼に食べたら朝食じゃないじゃん!」というわけで、今回、早起きして行列に並ぶことにしたのですが、僕はめちゃくちゃ朝に弱いので寝起きのままのパジャマ姿で新宿までやってきました。

このあたりの感覚が30歳・貧乏・非モテの原因なんだとよく指摘されますが、何を言っているのか僕にはよくわかりません。

そうこう言っている間に、ようやくシャッターが開きました。そもそもサラベスの営業時間は朝9時からなので、この時点ですでに小1時間は並んでいます。

店へと続くエスカレーターに乗りながらも、睡眠をとります。どこでも寝られる、これが僕の特技です。

時刻が9時になり、いよいよサラベスが開店しました。

この日は、朝8時から並んだにもかかわらず、すでに僕の前には2組も並んでいて、僕は3番目でした。店員さんが案内してくれるまで、また寝ながら待ちます。

「そういえば、僕の後ろにはどれくらい並んでいるんだろう?」

「ぎゃー! エスカレーターの下まで大行列! まだ朝の9時なのに! はやめに来てよかった!」

店員「それでは、お次にお待ちの1名のお客様どうぞ~!」

9時を少し過ぎたころ、ようやく僕も店内に案内されました。

「くかぁ~……」

席に着けた安堵感で、再び眠気が。

しかし、ここは漫画喫茶ではなく、朝食の女王「サラベス」です。眠い目をこすりながら注文します。

初めての入店なので、店員さんにおススメを聞いて、レモンリコッタパンケーキとフォーフラワージュースを注文しました。

はたして、朝食の女王はどんな優雅な朝食を見せてくれるのでしょうか?

期待に胸を膨らませ待つこと数分。

「おっ! きたきた!」

店員「お待たせしました。お先にフォーフラワージュースです」

フォーフラワージュース 600円

オレンジ、フレッシュパイナップル、バナナ、グレナデン(ざくろ)を混ぜたミックスジュース。サラベスでの定番ドリンク。

「では、さっそくいただきます……ちゅぴー……。ん!! おおうっ!!」

「うおーっ! めちゃくちゃフレッシュ! 超ウマい! 一気に目が覚めたぞ!!  さすが朝食の女王様!!」

店員「続いて、こちらはレモンリコッタパンケーキです。メイプルシロップとオリジナルバターミルクとともにお召し上がりください」

「ひゃっほー! 大きなパンケーキが4枚も! 朝からけっこうなボリュームだけど大丈夫かな?」

「メイプルシロップをたっぷりかけて……と」

「このメイプルシロップもかなりおいしそうだな! え~い、我慢できないしゃぶりついちゃえ! ちゅちゅちゅちゅう~!!!!」

「うん、ウマい!! ペロペロペロペロ!! はぁはぁ、女王様ぁ~!! 朝食の女王様ぁ~~!! ペロペロペロンチョ!!」

「さてオリジナルバターミルクもたっぷり塗って、いよいよいただきますよ~!」

「わ~お! めちゃくちゃふんわりしている! それでいて、モチモチ! こんなパンケーキ見たことない! すげぇー!!」

「もう限界!! いただきま~~~~す!!!!」(パクッ)

「ほぉぉぉぉおおおおおおおお!!!!」(ビクンビクン)

「なんてウマさだ!! ほんのりした甘さに、レモンの柑橘感が合わさって爆発的なおいしさになっている!! くどくないサッパリした甘さは、女性のみならず僕みたいな30歳・貧乏・非モテの男でも楽しめる味わいだ! こんな朝食は初めてだ!!」

「プレートには、野イチゴやブルベリーも一緒にのっているぞ! これらもたっぷりのっけて……」

「一緒に食べると……」(パクッ)

「ん~!! しあわせ~!! やっぱり朝食とはこうあるべきだよ! 一日の始まりはこうでなくっちゃ!!」

「うん、皿までウマい!! ペロペロ!! まさか、食べ終わった皿までウマいとは!! ペロペロペロペロ!! これが、30歳・貧乏・非モテの雄姿だ!!」

「はぁ~、ウマかったぁ~。(お腹をポンポン)でも、せっかく来たんだし、もうちょい食べていきたいな……。もっと友だちに自慢したいしなぁ……」

「つーわけで、アップルシナモンフレンチトーストとレモネードを追加で!! あと、このフルーツスプレッドっていうトッピングメニューも、よくわかんないけどちょうだい!! 大盛りで!!」

すっかりサラベスを気に入った僕は、その後も調子に乗って食べまくりました。

レモネード 500円

レモンのフレッシュな酸味と、スカッとする炭酸が合わさって眠気覚ましにピッタリ。根強い人気があるドリンク。

アップルシナモンフレンチトースト 1,400円

ふわふわのフレンチトーストに、チャンキーアップルをトッピング。優しく添えられたバナナの輪切りがうれしい。

「やっぱ、ブレックファーストの代表的メニュー”フレンチトースト”も押さえておかないとね♪」

フルーツスプレッド 100円(フードメニューのトッピング)

サラベス自慢のフレッシュなフルーツを贅沢に使った濃厚ジャム。フードメニューにトッピングすると、味の変化を楽しめます。

「うんうん、濃厚な甘さが寝起きの頭を刺激する~!! 痺れる~!!」

※本来は、フードメニューにトッピングするものですが、「お通しかな?」と思い、そのまま食べてしまいました。みなさんはくれぐれもお気をつけください。サラベスは居酒屋ではないので「お通し」はありません。

「ぷふぅ~。堪能した~。満足だ~」

【結論】
朝食の女王”サラベス”は、
30歳・貧乏・非モテにも優雅な朝食を提供してくれる!!!!

でも、

「うえ~ん! うえ~ん!」

「ついつい食べ過ぎて、明日からの朝食代も全部使っちゃったよ~!」

 

【結論】
いくらおいしいからといって、
朝食の食べ過ぎは禁物です!

翌日からは、しばらく水だけの朝食が続きました。

撮影日:2013年5月2日

(セブ山/ノオト)

セブ山(Twitter:@sebuyama)+有限会社ノオト(外部サイト)

フリーのライター。平日毎日更新の ウェブマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ