【急募】Yahoo!マーケット「スマホの川流れ」では次世代を担う新調査員を募集します

2014/6/10 21:07 ネタりか自由帳

【急募】Yahoo!マーケット「スマホの川流れ」では次世代を担う新調査員を募集します 【急募】Yahoo!マーケット「スマホの川流れ」では次世代を担う新調査員を募集します

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画も、ついに第100回。今回は、なんと重大発表があります。

Quickoffice ※Android版
現在このアプリはアプリマーケットでの配信を停止しています。

 

こんにちは、セブ山です。

知られざるスマホの活用術をユル~く探求するこの連載も、早いもので今回100回目を迎えました。

これもすべて応援してくださる読者のみなさまのおかげです! ありがとうございます!

さて、そんな「スマホの川流れ」ですが、現在、ほぼ僕(セブ山)ひとりで、毎週、さまざまな調査を行っています。

ありがたいことに毎週、ご好評いただいているのですが、僕ひとりだけだと、実行できる企画に限界があります……。

そこで、第200回、第300回、第400回……と、さらなる高みを目指すには、より多くの仲間が必要だと考えました!(ちょうど「ワンピース」を読んでいる時にそう思いました)

というわけで、連載100回目を機に、「スマホの川流れ」では次世代を担う新調査員を募集します!

新調査員として採用させていただいた方には、今後、「スマホの川流れ」の記事の執筆をお願いします!

もちろん、みなさん大好きな「原稿料」もキチンとお支払いいたします!!!!

それでは、さっそく応募方法をご説明します!

■応募方法

●応募は、「スマホ」というテーマで記事を書いて送るだけ!

「スマホの川流れ」新調査員の募集にご応募いただくのは、とてもカンタンです! 「スマホ」というテーマで記事を書いて送るだけ! たったそれだけです!

スマホ端末を使って何かを調査するのもよし! アプリを使って何かを実験するもよし!とにかく「スマホに関連する内容」という条件さえクリアしていれば、OKです! あなたが「おもしろい」と考えることを表現して送ってください!

●記事はWord(ワード)で送ってください!

「スマホ」というテーマで書いていただいた記事は、Wordファイルにまとめていただき、それをメールに添付してください。

記事タイトルの書き出しの前には「<タイトル>」とご記入いただき、記事の本文の書き出しの前には「<本文>」と記入してください。

写真やイラストはそのままWordファイルに貼りつけてください。(※動画は使用できません)

ちなみに、「Word」とは、Microsoft社が提供している文書を作成するソフトウエアのこと。

今まで「Word」を使ったことがないという方も、この機会にぜひ触れてみてはいかがでしょうか。仕事の効率が格段にアップするはずです!

パソコンがないという方でも、スマートフォン向けアプリ「Quickoffice」を使えば、スマホ端末でも文書の作成、編集ができますよ!

●応募資格は不問です!

赤ちゃんからおじいさん、フリーライターから会社員、日本人から外国人まで、年齢・性別・職業を問わず、すべての方にご応募していただけます。今までキーボードを打ったことがないという方も大歓迎です! あなたのこの先の人生を大きく変えるのは「スマホの川流れ」かもしれませんよ!

●文字数の制限はありません!

短くてもいいし、長くてもいいです。大事なのは「表現したいことが、ちゃんと伝わっているか」です。あなたが考える「おもしろい」を自由に表現してください。

●複数応募も可能です!

「アイデアがあふれすぎて、ネタをひとつに絞れない~!」という方もご安心ください。今回は、複数の作品の応募をOKにします! ただし、1回のメールにつき1作品ずつ送ってくださいね!

●友だちと一緒に「合作」で応募することも可能です!

「ひとりで記事を書くのは心細い……」という方は、友だちを誘って共同制作をすることも可能です! ただし、ご応募の際は合作であることをちゃんと明記してくださいね! ひとつのペンネームでも連名でも構いません。本名、住所などは代表者のみ記入してください!

●ご応募は未発表の記事に限ります。しかし…

応募いただく記事は、「まだどこにも発表していない作品」に限らせていただきます。

ただし、営利を目的としていない個人のウェブサイトやブログ、またはフリーペーパーなどでの掲載は「未発表」とみなし、応募を受け付けます! すでに個人ブログや、フリーペーパーなどで発表された記事でも、「スマホ」というテーマにあてはまるならぜひご応募ください! その際は、掲載したサイト名とURL、雑誌名を必ず明記してくださいね!

●締め切りは2014年7月10日(木)

7月10日(木)23:59までに届いたものを有効として、7月11日(金)0:00以降に届いたものはすべて無効とさせていただきます! 発表から締め切りまで、ちょうど1カ月間です。「たった1カ月しかない」と考えるのか、「たっぷり1カ月もある」と考えるのかは、あなた次第です。

●調査員の発表は、8月26日(火)

7月10日(木)の締め切り後、編集部で選考を行い、「スマホの川流れ」新調査員を選出します! その後、2014年8月26日(火)公開の「スマホの川流れ」にて、新調査員に採用された方を発表します!(採用者には、事前に選考委員から連絡が届きます)

●素晴らしい原稿ならそのまま買い取ります!

新調査員の投稿作品は、2014年9月以降に、「スマホの川流れ」にて発表されるかもしれません! もちろん、掲載されたものには「原稿料」をきちんとお支払いいたします! 要するに「おもしろければ、そのまま記事を買い取る!」ということです。「スマホの川流れ」は、おもしろい人がキチンと評価されて、ちゃんとお金を手にすることができる世界を目指しています。

■あて先

そんなわけで「われこそはスマホの川流れの新調査員なり!」と名乗りを上げてくださる方は、本名、筆名(ペンネーム)、年齢、職業、住所、電話番号、個人サイトのURL(なければ記載しなくても大丈夫です)をご記入のうえ、kawanagare@note.fm宛てに、「スマホ」というテーマで書かれた記事を添付してメールをお送りください。

みなさまのご応募を心待ちにしております!

■注意事項

●応募者の個人情報は、本募集企画を実施する目的以外で利用いたしません。

ご応募いただく際に記入してもらう本名や住所は、「スマホの川流れ」新調査員募集の選考に使うだけで、後日、怪しげなつぼのセールスをすることはありませんのでご安心ください。

●選考に関する問い合わせにはお答えできません!

「俺の書いた記事はめちゃくちゃおもしろいはずなのに、選考で落とされるのは絶対におかしい!」と選考結果に不満を持つ方もいらっしゃるとは思いますが、選考基準や落選理由についてはお答えすることができません! すみません! お問い合わせいただいても「お前のそういうところだよ」としかお答えできませんので、あらかじめご了承ください!

●権利侵害などの問題が生じた場合は、すべて応募者の責任となります!

当たり前のことですが、第三者の著者権やその他の権利を侵害した作品(他の作品を模倣するなど)のご応募は無効となります。また、権利侵害などの問題が生じた場合や、第三者に損害を与えてしまった場合は、すべて応募者の責任となりますので、くれぐれもご注意ください! 「おもしろい」を表現するには、最低限のモラルと、ルールを守ることが大切です!

●本募集企画はセブ山とノオトが行うものです!

今回の募集と新調査員の採用は、「スマホの川流れ」を制作しているセブ山と有限会社ノオトが独自に行うものです。
Yahoo!マーケットの運営会社であるヤフー株式会社に、直接連絡すること等はご遠慮ください。

■参考記事

「応募してみたいけど、どんな記事を書けばいいのかわからない……」という方のために、過去の反響の良かった記事を集めてみました。

参考になるかどうかはわかりませんが、なにかヒントが見つかるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

●なぜ彼らはパクるのか? パクツイ常習犯が語るTwitterの闇
http://special.market.yahoo.co.jp/android/rensai/kawanagare/20130604.html

●ドラマのようにタクシーに乗って「海が見たい」とだけ告げたら、運転手はどう対応するのか?
http://special.market.yahoo.co.jp/android/rensai/kawanagare/20140513.html

●さえない僕が突然「リア充写真」をSNSに投稿したら世界はほほ笑んでくれるのか?
http://special.market.yahoo.co.jp/android/rensai/kawanagare/20131112.html

●「笑っていいとも!」を1日に2回見ることは可能か?
http://special.market.yahoo.co.jp/android/rensai/kawanagare/20130319.html

●潜入レポート! 樹海のド真ん中に実在する謎の集落の正体とは!?
http://special.market.yahoo.co.jp/android/rensai/kawanagare/20121120.html

■選考委員長(セブ山)から一言

ひとりではボートしかこげませんが、チームなら大きな船に乗って新大陸に向かうことができます。

今の「スマホの川流れ」は、池の中。

でも、われわれが目指しているのは、大きな大きな新大陸です。

まだ誰も見たことのない大陸を、一緒に見つけに行きませんか?

「スマホの川流れ」は、おもしろいことが大好きな人を求めています!

みなさまのご応募を心よりお待ちしております!

撮影日:2014年5月18日

(セブ山@sebuyama/ノオト)

セブ山(Twitter:@sebuyama)+有限会社ノオト(外部サイト)

フリーのライター。平日毎日更新の ウェブマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ