新聞四コマの巨匠、東海林さだお氏が考案した「味噌チャーハン」って本当においしいの?

2014/4/8 22:22 ネタりか自由帳

新聞四コマの巨匠、東海林さだお氏が考案した「味噌チャーハン」って本当においしいの? 新聞四コマの巨匠、東海林さだお氏が考案した「味噌チャーハン」って本当においしいの?

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第92回は、四コマ漫画の巨匠が考案した味噌(みそ)味のチャーハンについて検証します。

BookLive! Reader ※Android版

電子書籍 BookLive! Reader ※iPhone版

BookLive

無料

 

こんにちは、セブ山です。

先日、スマートフォンを使用している20~30代の男性を対象に「好きな食べ物は何ですか?」というアンケートを実施してみたところ、このような結果が出ました。

なんと、驚くべきことにアンケート回答者の全員が「好きな食べ物はチャーハン」と答えたのです! ※セブ山調べ

この結果を受け、今後、スマホの川流れ編集部では、チャーハン推しの記事を量産していくように方針変更いたしました。

生まれ変わったスマホの川流れを今後ともよろしくお願い致します!

また、今回のアンケートにご協力いただいた「チャーハン同好会」のみなさま、ありがとうございました!

そんなわけで、さっそくチャーハン関連の情報がないか調べていたところ、230,000冊以上の電子書籍が提供されている日本最大級の電子書籍ストア「BookLive!」で、ある一冊の本を発見しました。

それがこちらの「東海林さだおの大宴会」です。

東海林さだおさんといえば、新聞四コマの巨匠。1973年から今なお毎日新聞の朝刊に「アサッテ君」を連載されています。

実は、東海林さだおさんは「食べ物エッセイ」の分野でも有名。食べ物のウンチクや雑学を軽妙な文体でつづるそのコラムには、根強いファンがたくさんいます!

そんな食べ物エッセイを著者自らが厳選・精選した傑作選がこちらの「東海林さだおの大宴会」なんですが、その中にチャーハンにまつわるおもしろいコラムがありました。

それが「味噌チャーハン」なる一品。

これは、神のお告げにより、味噌味のチャーハンを考案した東海林さだおさんが、そのレシピを公開するというもの。

独特の文章で作り方を詳しく解説してくれるので、思わずおなかが鳴ってしまいます。

でも、ちょっと待ってください!

よくよく考えてみると、味噌味のチャーハンなんて本当においしいのでしょうか?

チャーハンといえば、やっぱり塩と胡椒、もしくは醤油(しょうゆ)と相場が決まっているのではないでしょうか?

もしかして、東海林さだおさんの巧みな文章力に我々は騙されているのでは?

……というわけで、実際にレシピ通りに作って、本当に「味噌チャーハン」はおいしいのか検証してみることにしました!

まずは、フライパンを熱します。

※東海林さだおさんのレシピでは、中華鍋を使用していましたが、僕の自宅では火力の関係で、なかなか中華鍋を扱うのが難しいので、今回はフライパンで調理させていただきます。ご了承ください。

フライパンが十分に温まったら、サラダ油を大さじ3杯回し入れます。

そして、そこに溶き卵を流し込みます。

今回は2人前を作るので、卵2個分の溶き卵を流し込みました。

溶き卵を流し込んだら、固まるか固まらないかのうちに、手早くご飯を入れていためます。

ここは時間との勝負です!

ご飯を突き崩しながらいため、ある程度ほぐれたら、次にハムとネギを加えます。

東海林さだおさん曰く、チャーシューよりもなぜかハムの方が味噌チャーハンには合うそうです。

ちなみに、ハムは、重ねて切ってしまうと、ハム同士がくっついてしまって、具材がパラパラになってくれません。上記のように一枚ずつ剥がして切った方がいいです。

すでにお気づきかもしれませんが、ここまでは普通のチャーハンのレシピと何ら変わりありません。

というか、味噌チャーハンのレシピは、調味料を塩コショウから味噌に変えただけなのです。

しかし、ここからは違います!

いよいよ味噌を投入!

味噌は、一人前あたり大さじ1杯ほど。

あらかじめ、四等分にしておいて、分散して入れると、より混ざりやすくなるとのこと。

全体に味噌が混ざったら、ようやく完成です!

味噌が焼けた香ばしい匂いがあたりを包み込んでいます!

あまり炒めすぎると、味噌の風味が飛んでしまうので注意してくださいね!

ちなみに、中華屋さんでチャーハンを注文すると、よく中華スープがついてきますが、味噌チャーハンの場合は、中華スープよりも味噌汁のほうが合うとのこと。

さらに、本格的な味噌汁よりも、なぜかインスタントの味噌汁のほうが不思議と合うんだとか。

そんなわけで、東海林さだおさんの忠告通り、僕もインスタントの味噌汁を用意しました。

お皿にこんもり盛り付けて、付け合わせのインスタント味噌汁も用意。いよいよ試食の時間です!

はたして、本当に味噌チャーハンはおいしいのでしょうか?

さっそく食べてみましょう!

それでは、いただきま~~~す!

パクッ!

ハフッ、ハフハフッ、う、うんま~~~~い!!!!

焼けた味噌の香ばしさが口いっぱいに広がって、まるで「味噌焼きおにぎり」のおいしいところだけを集めて食べているみたい!
調味料は味噌しか使っていないから、コクがあってちょうどいいしょっぱさだぁ~!

意外と「味噌がコーティングされたハム」がいい味を出してる!

それでいて、しっかり「チャーハン」だ!

ただ、ご飯に味噌を混ぜただけの「味噌混ぜご飯」になっちゃわないか心配だったけど、これなら生粋のチャーハン好きもきっちりと納得してくれるはず!

基本的なチャーハンの要素は抑えつつ、新しいチャーハンの扉もあけるってすごいかも!?

【結論】
味噌チャーハンは、チャーハン革命を起こすくらいおいしかった!

もしかしたら、僕は普通のチャーハンよりも好きかもしれません!

しばらくは、こればっかり食べると思います!

それくらいおいしかった!

ちなみに、インスタント味噌汁も東海林さだお先生が仰った通り、見事に味噌チャーハンにマッチして最高でした!

ぜひ、あなたも試してみてくださいね! オススメです!

撮影日:2014年4月6日
(セブ山@sebuyama/ノオト)

セブ山(Twitter:@sebuyama)+有限会社ノオト(外部サイト)

フリーのライター。平日毎日更新の ウェブマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ