ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

2015/5/26 17:08 ネタりか自由帳

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第145回は、お金がないのでヘッドマウンドディスプレイを自作してみたいと思います。

5月某日。スマホの川流れネタ出し会議。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヨッピー「こういうのがあるじゃないですか。頭にくっつけて映像が見られるやつ」

担当編集「はいはい。オキュラス・リフトみたいな?」

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

3Dヘッドマウントディスプレイ「オキュラス・リフト」

ヨッピー「そうそう。Yahoo! JAPANも『トレンドコースター』っていうのを出したじゃん」

担当編集「ありますね」

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヤフー トレンドコースター

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヨッピー「あれってすごいじゃないですか。視点の方向をセンサーで読み取って、360度どこを向いてもちゃんと映像が表示されるっていう」

担当編集「はい」

ヨッピー「あれ、僕も欲しいんですけど、買うと高いんですよ。10万円とかする」

担当編集「まぁ最先端技術ですからね」

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヨッピー「そこで思ったんですけど、iPhoneとかを箱の中に入れて、それ越しに周囲を見てたらヘッドマウントディスプレイっぽくなりませんかね?」

担当編集「??」

ヨッピー「こう、箱の中にiPhoneを入れる」

担当編集「何を言ってるのかがサッパリ分かりません」

ヨッピー「もういい! 作るわ」

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

そんなわけで改めまして、こんにちは。ヨッピーです。
今回は「ヘッドマウントディスプレイっぽいものを自作する」ことにチャレンジしたいと思います!

そもそも、この「ヘッドマウントディスプレイ」はロボット技術なんかと組み合わせて発展させていくと、自宅に居ながらにして、インターネット回線を通じて遠くの観光地を好きなように観光したりできるようになるのではないかと言われている未来の技術なのですが、冒頭でも言った通り普通に買うと10万円くらいして高いのですよ。

そもそも僕みたいな貧乏が到底そんなお金は出せないし、すぐに飽きそうだし。
そんなわけで「それっぽいもの」を自作してみることにしました。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

まずは段ボールを良い感じで目にフィットするサイズに切ります。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

鼻の高さの分だけ切り込みを入れます。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

段ボールそのまんまだとあまりにも安っぽいので、黒い布テープでグルグル巻く。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

できあがったやつをサッカーのスネ当てを止めるバンドで固定するとこうなる。
お! なんかそれっぽくなった! まだ中身カラッポだけど。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

そして今度はこのスマホのカメラ部分だけ箱に穴を開ければ……、

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヘッドマウントディスプレイっぽいやつ、完成だー!

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

箱の中をカメラで撮るとこう。
人が映ると顔認識されるのでロボコップにでもなった気分です!
シンプルな割になんか楽しいぞこれ!

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

「すごい! すごい!」を連呼しながら部屋の中ではしゃぐ僕。
記事にしてみて気付いたんですが、この伝わらなさはすごい。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

そして距離感も全然つかめません。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

せっかくなのでこのニセヘッドマウントディスプレイを装着したまま、街に出てみることにしました。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

階段が怖すぎる。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

「視野角はどれくらいあるんですか?」と聞かれて「これぐらい」と答える僕。せまい。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

交差点を渡ってたらテクノバンドのジャケットっぽい写真が撮れた。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

切符も(時間はかかるけど)問題なく買える!

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

電車内で周りに人が少ないのはたぶん気のせい。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

調子に乗って世界的な観光地である渋谷のスクランブル交差点を歩いてみたんですが、いかんせん視野が狭いのでいきなり横から人が出てきたりしてめちゃくちゃ怖いです。

あと、この写真、目線を入れたら全員ヘッドマウントディスプレイをつけているようになってしまいました。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

続いてバッティングセンターに来ました。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

飛んでくるボールが怖すぎて、一球も打てません。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

もちろんエアーホッケーもボロ負け。
これ、全然使えない。

【ニセヘッドマウントディスプレイを一日つけてみた感想は?】

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ヨッピー「まず、iPhoneの画面はしょせん平面でしかないのでまったく距離感がつかめません。視野角も狭いから人混みを歩くのはめちゃくちゃ怖いし、酔います。ほっぺたにもめちゃんこ跡がつくので全然おすすめ出来ないですね。楽しかったのは最初の3分だけでした。あと一番つらいのは、これが完成した時の僕のはしゃぎっぷりとか、渋谷のスクランブル交差点や飛んでくるボールがめちゃくちゃ怖かったりすることが読んでる人たちに1ミリも伝わらないことですね。思い付きでなんかやるのはもう辞めようと思います」

担当編集「そうしていただけると助かります」

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

ちなみにハチ公前で撮影してたら外国人観光客にめちゃくちゃ写真を撮られました。
「未来から来た日本人」みたいな感じでそのうちどこかでさらされるかもしれない。

ヘッドマウントディスプレイを買うお金がないから自作してみた

あと、スマホの画面に鉄砲の写真を張り付けるとFPS※っぽくなります。
※ファーストパーソン・シューティングゲーム

撮影日:2015年5月23日

ヨッピー(Twitter:@yoppymodel)+有限会社ノオト

フリーのライター。平日毎日更新の Webマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ