多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

2015/4/21 10:32 ネタりか自由帳

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた 多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

スマートフォンを使って、さまざまな実験を行うこの企画。第141回は、ゴムボートで多摩川から海まで出られるのかを調査します。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

こんにちは。ヨッピーです。
いきなり眠そうな顔で申し訳ありません。こんな顔なのは現在、朝の5時半だからです。
ところでみなさんは、人生に疲れた時、「海を見たい」と思ったりすることはありませんか?

大きな海を見て、自分の存在や、悩んでいることがいかにちっぽけなことなのかを確認する意味合いがあるのかもしれません。
僕も先月くらいからひどい企画を連発させられていて、ここにきて心底「疲れたな……」と思っていました。

そこで今日は……、

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

海を見に行きたいと思います!!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ゴムボートで!

■出発の準備をしよう

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そんなわけで東急多摩川線・沼部駅から徒歩3分。多摩川の河川敷に来ました。
実を言うとおととし、同じように「多摩川から海を目指す」という企画を、同じYahoo! JAPAN内の「こちら検索探偵」でやったことがあるのです。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ハリボテのペットボトルいかだと、「お湯をかき混ぜる棒」という死ぬほどなめた装備で多摩川から海に繰り出したおととしの僕。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そもそもバランスが悪い上、あっさりペットボトル船が大破して実験は失敗に終わりました。
そこで今回は……、

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

じゃーん!
ちゃんとしたゴムボートを買ってみました。
オールもついてる立派なやつです!

普通のボートが2~3万円くらいするなか、このゴムボートだけが1万円となぜか激安だったので少し不安はありますが、それでもペットボトルのいかだよりは良い仕事をしてくれるはず!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

電池式の電動ポンプを駆使して空気を入れる。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

わりと簡単に完成!
よっしゃーー! おととしの雪辱を果たすどーーーー!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ボードも問題なく水に浮き、「いよいよ出発!」というところで……、

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

なんか、急に不安になってきた。
今思えばおととしのチャレンジって夏場だったし、水に落ちたところで特に問題あるわけじゃないけど、まだ肌寒い季節なのにまた水の中に落っこちたらめちゃくちゃ寒いんじゃないの……?

■いよいよ出発

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そんなわけで「行きたくない」を連発しながらも、渋々ボートに乗り込む僕。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

どうしよう。完全に行きたくない。
考えてみれば僕が海を見に行きたくなるきっかけを作った「疲弊感」も、そもそもは僕が余計な企画を思い付きで言って後から苦労したからだ。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ほら、もう引き返せないところまで来てしまった。
なんだろう。思い返せば常にこの調子だ。
いつも直前になって「これ、大丈夫かな」と思うんだけれど、引き返せないところまできてから「大丈夫じゃなかったな」ってなるのだ。

ついついノリで余計なことを言ってしまう自分のお調子者ぶりを改めよう、今日という日を自分を見つめ直すきっかけにしよう。
そのために僕は海を見に行くんだ……!

そんなわけでカメラマンとはここでお別れ。
ここからは僕の自撮りでお届けしたいと思います。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

じゃん。出発直後の風景。ボンヤリ写ってるのがカメラマン。
しっかりとした大地に足をおろすカメラマンと、水面にプカプカ浮いている僕。

編集プロダクションの社員としてしっかりと実績を積んでいる彼と、相変わらず無職としてプラプラしている僕を象徴している構図なのかもしれない。
段々腹が立ってきた。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

進行方向を撮るとこんな感じ。
そして思った以上に進まない。えー!
前回のペットボトルいかだの方がむしろ進んだくらいなんですけど!?

風の影響なのかなんなのか、こいでもこいでもロクに進まないのはなんなんだ。
あれだな。僕の人生に似てるな。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そして必死こいて1時間ほどこいだ先にせきを見つけました。
あれ?なんか進行方向と逆に水が流れてない?

そもそも、今回のルートだとせきは無いはずなんだけどなー、おかしいなーと思って地図みたら思いっきり逆方向に進んでました。泣きそう。
川の流れに逆らってちゃ、そりゃボートも進まんわ……!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

気を取り直して下流に向かって再度出発!
おお……! ちゃんとボートが進んでくれる……!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

やべー! これ、ちょっと楽しいかも!
ペットボトルいかだとは段違いの快適ぶり!
海までとか余裕過ぎwwwwwwwww
楽勝wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

そんなわけで1時間後……、

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

完全に飽きました。
公園の池とかの貸しボート屋さんが大抵30分の料金なのにはちゃんと理由がある。
1時間もボートを漕いでいると飽きるからだ。

そもそも、多摩川の流れってめちゃくちゃゆっくりなので、一生懸命漕いでも土手を散歩してるおじいちゃんに負けるくらいのスピードしか出ない。
まともに進むにはひたすら漕ぎ続ける必要があって肩がやたらと痛いし、オールをバシャバシャやると船の中にガンガン水しぶきが入ってくるのでこの辺になると下半身は完全にビショ濡れです。泣きそう。

しょうがないので、いま僕がハマっているゲーム「Heroes Charge」で時間をつぶしたいと思います。

ヒーローズチャージ (ヒロチャ・Heroes Charge) ※Android版

Heroes Charge ※iPhone版

uCool

無料


多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そんななか、カヌーの練習中の日体大のお兄さんたちを発見したので声をかけてみました。

僕「あの、ここから河口までってどれくらいかかりますかね……?」

お兄さん「ええと、そのボートで行くならめっちゃ時間かかると思いますよ」

僕「これ、ダメなんですか?」

お兄さん「そうですね。スピード出るようなやつではないです(笑)」

なんとなくバカにされてる気がするのは気のせいか。
Twitterで実況していると、ボートに詳しい人が僕が使っているボートを名指しで「ヨッピーが浮き輪に乗ってる」と表現している人もいた。
ひょっとしたらこのボート、あんまり良いボートではないのかもしれない。
なんか真っすぐ進まないし。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

それでも腹ごしらえをしながら旅路は続く。
人生は配られたカードで勝負するしかないのだ。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そして出発して約2時間。現在地はこのへん。
最初に逆流したロスのせいで全然進んでない!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ガス橋の下を通過。
月曜日の朝ということもあって歩道をたくさんのスーツ姿の人たちが歩いている。
それを眺めながらボートをこぐ僕。

こういう企画をずーっとやっていると、時折「ヨッピーさんみたいな仕事がしたい!」みたいなことを言う人がいるが「やめておけ」と言いたい。
確かに「通勤途中のサラリーマン」と「ボート遊びしてる僕」だと、後者が楽しそうだし「良いなぁ」と思われるかもしれない。しかし、実情は下半身をビショビショにぬらしながら寒さにガタガタ震えつつひたすらオールをこいでるだけのオッサンがひとりである。
橋の上を歩く人に「代わってください」と言われたら狂喜乱舞して代わってあげると思う。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

お次は多摩川大橋。
いい加減肩が外れそうなんですけど。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

あとオールを握ってた手も擦れて真っ赤になってる。
服もビショビショだし散々だーー!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

この辺に差し掛かるとやたらとでかい建物が目につくようになり、この中には世界的な大企業のロゴが入ったビルもある。
ああいうビルの中には島耕作みたいなおっさんがいて、重役の部屋で秘書とヨロシクやっているのかもしれない。

ちなみに出発して3時間くらいたつけど、やっとこさ出発地点から5キロくらいというところだ。
島耕作なら3時間あれば新幹線に乗って大阪まで行ってるだろうし、もちろんグリーン車で隣には美人の秘書がいる。
一方の僕はビショぬれになりながら必死こいてオールをこぎ続けて3時間かけて5キロ。もちろん美人の秘書もいない。

疲れを癒やすために海を見に来たはずが、目の前にある格差をさっきから見せつけられている気がする。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

現在地はこれくらい。
ゴールに設定している大師橋の根本まであと3~4キロくらいか。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

東海道本線の下を通る。
このアングルで下から見られるのは珍しいポイントなんだろうけど、のんびり楽しんでいる余裕など僕にはないのだ。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

たまにボートを係留してあるのを見かけたりする。
モーターがついてるやつ、早いんだろうな。

あのモーターがあれば手でこがなくて済むことを考えると、産業革命ってマジで革命だったんだな、って思う。
モーターボートなら今回のルートなんて15分やそこらでゴールしちゃうんじゃないか。
山登りでもボートでもキャンプでも良いんだけど、「不便を楽しむ」とか「苦労を楽しむ」っていうレジャーは基本的に余裕がある人がやるもんなんだな、って思った。
サファリパークは普段の暮らしと安全を確保されているから楽しいのであって、普段からサファリパークに住んでいる人がいたら「何がレジャーだ!」ってなるはずだ。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

ゴール地点で待っているカメラマンに、モーターボートに引っ張られて僕が現れたらおもしろいだろうな、と思ったのでウェイクボードを楽しんでいる人たちに「羽田空港の手前まで引っ張っていってください」とお願いしてみたら、「いま営業中なんで……」と断られてしまった。

個人向けのウェイクボード体験ツアーみたいなやつかもしれない。
やっぱり水辺での遊びは貴族階級にのみ許されるのだ。
疲れを癒やしに来たはずなのに、どんどん僕の心がゆがんでいく。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そろそろ「限界」という感じになってきた。
川の流れに特に変化はない。急流とかならもっとおもしろい絵が撮れたのかもしれない。
こういう、「やたらしんどい割に絵が地味な企画」っていつも動かしはじめてから気付くのだ。
「あ、これ地味だ」って。いい加減学習していきたい。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そんな中で、変わったものがひとつだけあった。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そう、幽霊船だ。
乗ってる人がいないのに船がゆっくり進んでいるのである。
普通なら「うおお! どうなってるんだ!?」ってはしゃぐんだろうけど、疲労によりすっかり騒ぐ余裕もなくなった僕は「まぁ、どうでもいいか」という思考回路に陥ってしまった。
「感動」とか「驚き」という心の動きも、基本的には余裕がある人たちだけに許された娯楽みたいなものだ。
僕にも余裕が欲しい。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そして……、いよいよ……!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

感動のゴールだーーーーー!

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

これが到着時の僕。
全身がビショぬれになっていることがおわかりいただけますでしょうか。

朝6時に沼部を出発して、羽田空港手前まで到着したのが11時半。
逆流したロスも含めて5時間半くらいボートをこいでいた計算になる。

そもそも、今回の企画を実行するにあたって国土交通省に確認を取ったのですが、「海まで行くと海上保安庁の管轄になるから海まで出るのは良くないかも」と言われたうえ、羽田空港まで行くとどこから上陸して良いのか分からないのでわりと手前の地点をゴールに設定したのですが、結局このゴール地点でもまだ海は見えなかった。何しに来たんだろう。

海を見て疲れを癒やすどころか、余計に疲れる羽目になってしまった。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

そして片付けている時に気付いたのですが、ボートの底面の空気が完全に抜けてベコベコになっていた。そのせいで喫水が下がって余計進みづらかったのかもしれない。
ボート遊びを楽しむにはやっぱり良いボートを買う必要があるのだ。

多摩川からゴムボートで海を目指したら悟りが開けた

着替えてから入ったラーメン屋で、「麺を持ち上げるだけで肩が痛い」と騒ぐ僕。
やはり、こういう企画は実際にやるのではなく、はたから眺めて「バカだなー」と言ってるくらいがちょうどよいんだと思う。
くれぐれもまねしないように気をつけていただければ幸いである。

撮影日:2015年4月20日

(ヨッピー+ノオト)

ヨッピー(Twitter:@yoppymodel)+有限会社ノオト

フリーのライター。平日毎日更新の Webマガジン「オモコロ」(外部サイト)や「トゥギャッチ」(外部サイト)で活動中。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ